エジプト住み込み記

エジプトに やってきた

値上げ!値上げ!

 

みなさまこんにちは~

 

 

 

 

 

 

 

 


7月になり、エジプトの暑さも本格的になってきました。いやはや、外は殺人的。外に出ると汗が噴き出します。最盛期は8月9月とのことですが、これ以上なるんすか。

 

 

 

 

 

 

 

 


噂によると9月なんかは、扇風機に当たってるはずがドライヤーに当たってる気分になるらしい。ほんまなんかな。もう一周回って楽しみやけど笑

 

 

 

 

 

 

 


最近は色々ありまして、6月は無休連勤だったんですが、都合上シフトが午前のものに変更。


これまでは16時-24時だったのが、朝8時-16時に。朝活が苦手な花崎に朝シフトが祟ったのか、3日前から体調を崩し発熱(海外の体調不良は本当につらい)。なんとか治り今に至ります。ハムドリッラー。

 

 

 

 

 

 

 

 


さて、7月だね、7月。なんかすっかり時間感覚がぶっ壊れてますが、なんと僕のエジプト滞在もあと3ヶ月です。残り3ヶ月で何か新しいことをやりたいので募集します。自分で考えろって?そりゃもっともなんですが、エジプトで生活してると新しいことを始めるエネルギーが本当に残らんのです。甘えかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、10月までにはなんとか帰りの航空券代を貯めて(まだ半分ぐらい)、適当なタイミングで日本に帰りたいのが本音。

 

 

 

ところがどっこい。エジプトは5月の地下鉄メトロ代を皮切りに物価は全体的に上昇中。(給料は上がらない)

 


ガソリン代、ホテルのツアー代も引き上げの中、給料をエジプトポンドでもらう花崎はゼェゼェ言ってます。エジプトポンドの通貨の価値がまた落ちそうという噂もあり、落ちると本当に厳しい。

 

 

 

 

 

 

 


さて、残り3ヶ月云々言ってますが、1点確認しなければならないことが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


滞在ビザが切れてます😊

 

 

 

 

 

 

 


切れてます😊

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180705212516j:image

 

 

 

 

 

 


切れてます。宇宙に帰らないと😊

 

 

 

 

 

 

 


イヤァァァァァ更新行きたくなぃぃぃぃ

 

 

 

 

 

 


過去2度更新致しましたビザですが、7月1日を以って期限切れ。それに被る見事なタイミングで体調を崩したため、更新に行けてないのです。

 

 

 

 

 



 


不法滞在は流石に嫌なので(実はエジプトにおいて不法滞在とか全然大したことないんですが、どこにも行けないのはつらい)仕方なく更新へ。

 

 

 

 

 

 


もう役所職員のバカにしたような態度も慣れたもので、銀行と窓口とコピー室の無駄な往復をいつも通り2セット半。初めての時は1セット目でブチ切れてたけど、もう僕も慣れた。

 

 

 

 

 

 

 

 


慣れた、とはいえやっぱカリカリはするもので、銀行のやつが「小銭ないわ(嘘)」とか言った暁にはブチ切れてまくしたてます。お釣り渡したくないだけだろクソ。

 

 

 

 

 


إنت شغال في البنك ومعندكش فكة إزاي!؟

 

 

 

 

 

 

 

 


ビザの更新費は3ヶ月で500ポンド(約3千円)。ものごっつ安いやん!と思うかもしれませんが、エジプトポンドで雀の涙とも言うべき程度の給料しか貰わない花崎にすれば、これほど大きな出費もないのです。滞在のために毎回泣く泣く払っております。オラ銀行員。とっとと小銭出せや。え?

 

 

 

 

 

 

 

 


銀行員「1125ポンド」

 

 

 

 

 

 

 


WHAT !?!?!?

 

 

 

 

 

 

 


倍じゃん!?!?!?!?

 

 

 

 

 

 

 


オーバーステイのペナルティかと思い、領収書を見るも、いやいや、これは。どう見てもビザ代が倍になっている。うそやん。そんな短期間で?

 

 

 

 

 

 

 

 


僕だけがバカにされてるのかと思いきや、隣のスウェーデン人も1125ポンド払ってる。待て待て、次の3ヶ月に7千円はやばいて。

 

 

 

 

 

 

 


どうやら聞くところによると、3日前から延長ビザ代値上げしたらしい。3日前から2倍!?本当にこの国のお金の感覚はどうにかしていて、夜寝て朝起きたら値段が倍ですとか全体的に普通。事前通告等も特にないのです。(本当に値上げしたのか、2回目以降の更新が値上げになるのかは不明だけど、少なくとも職員には3日前からって言われた)

 

 

 

 

 

 

 

 


あれもこれも政府がめちゃくちゃなことが原因ですが、あまり下手なことを書いてnational securityに捕まり牢獄に突っ込まれても困るのでこの辺で。

 

 

 

 

 

 


夜寝て朝起きたら値上げか~

 

 

 

 

 


夜寝て朝起きたらエジプトポンドの価値が倍になってないかなぁ....

 

 

 

 

 

 

 

 


ナイナイ

 

 

 

 

 

 


仕事します...................

 

 

 

 


(入国ビザは25$で据え置きだそうなので、最初の1ヶ月は25$で遊べます!帰る前にみんな遊びに来て!!!!!!!)

 

 

 

 

 

写真はこの前見たスーフィーダンス💃めちゃくちゃ回る💃

 

 

 

💃🕺💃🕺

 

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180705212953j:image

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180705213056j:image

 

 

 

 

半年が過ぎました

 

 

みなさんこんにちは

 

 

 

 

まず、地震により物理的、精神的被害を受けている方にお見舞い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

現地にいない僕が何を言えるということも無いのですが、今回は元々住んでたところにドカーンときて、とにかく実感が違います。

 

 

 

 

 

 

友達もたくさん住んでる地域だし、もうとりあえず、みんな生きてくださいと。それしか言えません。怖い。

 

 

 

 

 

 

どうやら余震の数はだんだん減っていて、このまま収束する説も浮上してるよう。もうそれを信じたくて仕方ない一方、油断しないで~~~とも思うし、ずっと気張ってたらしんどいよね...とも思うし。。。

 

 

 

 

 

もうとにかくみなさん生きてください...

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、こちらエジプトでは、ラマダーンが終了(歓喜)し、3日間の祝日ののち、日常が戻って来ました。

 

 

 

 

 

 

 

この3日間の祝日というのは、イメージ的には日本の年末年始のようなもので、みんな家族のもとへ帰り、お年玉みたいなのをあげたり、みんなで料理食べたり...まぁそんな感じのやつです。(学者の皆様に言わせればこの表現は不適切かと思いますが、こちらで生活してる実感としてはこの表現が1番しっくり来ます)

 

 

 

 

 

 

 

ラマダーン明けの朝4時。

 

 

 

 

 

 

الله أكبر الله أكبر الله أكبر لا إله إلا الله

 

 

 

 

 

 

 

 

なんやなんやなんや

 

 

 

 

 

 

 

 

ものすごい爆音で町に放送が流れ始めます。街宣車とかいうレベルじゃないです。飛び起きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 どうやら神は偉大なり、アッラーの他に神はなし、という、エジプトで生活してれば毎日耳にするフレーズが叫ばれてる模様。

 

 

 

 

 

 

 

(うるさいなぁ.......)神は偉大なり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日この時間に特別な礼拝があることはなんとなく知っていたので、町の様子を見ようとホテルから外へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

外で果物屋の顔見知りと遭遇。

 

 

 

 

 

 

「おぉヤーバーニー(日本人)、今から礼拝するから来いや」

 

 

 

 

 

 

 

 

ラマダーン明けの礼拝は、それこそ初詣じゃないですが、平たくいうと普通の礼拝に比べ重要で徳の高いやつとされるものです。朝っぱらから集団礼拝します。

 

 

 

 

 

 

しかし花崎、礼拝をやったことがない。何よりイスラム教徒ではない。

 

 

 

 

 

 

 

「俺がやり方を教えてやる」

 

أنا أعلمك إزاي

 

 

 

 

 

 

あ、はい、、、、

 

 

 

 

 

 

 

ということで、半年目にして初の(そしておそらく最後の)モスクで礼拝に参加することに

 

 

 

 

 

 

 

まず、モスクの中に入りますと、身体を清めるための水道場があります。

 

 

 

 

 

 

ここで身体を清めます(アラビア語でウドゥーと言われるあれです)

 

 

 

 

 

 

顔を洗って、口をゆすいで、鼻の中を洗って、耳、髪、首、手、腕、足、、、、全部3回ずつやるんだと。

 

 

 

 

 

とりあえず一通り流します。(おそらくこれも正式なやり方ではないが、つべこべいわず現地民のやり方にならって然るべきだろうということでモノマネ)

 

 

 

 

 

 

 

清めた身体で外へ。緑色の絨毯の上で礼拝の開始を待ちます。ペチャクチャ。

 

 

 

 

 

 

 

礼拝開始

 

 

 

 

 

 

 

言葉で説明してくれるのかと思いきや「隣の人の真似をせよ」ということなので、とにかく見よう見まねで礼拝。

 

 

 

 

 

 

 

コーランの大事な部分は奇跡的に暗唱できるようになったので、動きさえ真似すればそれらしくついていける。たくましくなったなぁ自分(?)

 

 

 

 

 

 

 

横をチラチラ見てると、みんな神に祈りを捧げるフレーズを連発してます。慌てて僕も「神は偉大なり、アッラーのほかに神はなし、ムハンマドは神の預言者じゃ」って知ってるフレーズを連発。周りが怖いのでめちゃくちゃ敬虔なイスラム教徒になった雰囲気を全力で出す(申し訳ないです)

 

 

 

 

 

 

 

السلام عليكم ورحمة الله 

 

 

 

 

 

 

これまで礼拝してた人々が、この放送フレーズで隣の人と握手します。これは「こんにちは~」って言う時に日常的に使うフレーズです。が、これ礼拝中に放送かかって隣の人と挨拶交わすのは知らんだ。。。

 

 

 

 

 

 

 

一通りやっての感想は、一体感がすごい。الله أكبر の掛け声とともにザザザってみんなが礼拝するのを横目に自分も礼拝。

 

なんか不適切ですがこれ、小学校の組体操とか思い出すやつ。謎のパワーを感じます。隣の知らん人と握手して挨拶するのもなんか気分良かったし。

 

 

 

 

 

 

 

 

終わった後はジュースとお菓子(手作り)が配られ、みな退散。

 

 

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180620194825j:image

 

 

 

 

このお菓子うまかったな

 

 

 

 

 

 

退散、のはずがその後数人のエジプト人に取り囲まれて尋問。

 

 

 

 

 

 

お前何者?日本人なのに礼拝してるのか。礼拝はいいだろ?てかお前はイスラム教徒だろ。名前、陸って言うのか。面倒だしムハンマドに改名しとけ(本当に余計なお世話)

 

 

بتعمل ايه يا راجل؟؟؟إنت ياباني وبتصلي كده ليه؟؟؟  إنت مسلم؟ صلاة حلوة،صح؟. اسمك ايه؟ ريكو ؟ ايه ده؟ خليك محمد كده أحسن

 

 

 

 

 

 

 

ムハンマドに改名するといよいよイスラム教徒への道が拓けてしまう(気がした)ため、「ハハハ...」と話を合わせ帰宅。

 

 

 

 

 

俺はまだ酒と豚に未練がある

 

 

 

 

 

 

※勿論、ムハンマドに改名したからといってイスラム教徒になるわけではなく、それなりの儀式を行う必要があります。具体的には信仰告白というやつです。

 

 

 

 

 

 

 

 

......まぁとりあえず、現地人に混ざって礼拝(しかも特別なやつ)できたのは結構いい経験だったかもしらん。

 

 

 

 

 

 

 

その後はW杯エジプト🇪🇬代表をカフェで応援。今のところ2敗ですが、、、一回勝ってほしい、、、

 

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180620200518j:image

 

 

f:id:riku_drummer:20180620200538j:image

 

 

 

(ちなみに昨日の日本代表の勝利には燃えましたね~。エジプトの放送で日本の勝利は「小さな奇跡」と称されていた)

 

 

 

 

 

 

 

エジプト人は自国ナショナルチーム大好きで、自分の国が負けてても最後までめっちゃ応援するし、負けてもいい試合やった、と褒め称えるところが潔いです。

 

日本みたいにネットで自国の選手叩いたり、偉そうに論じたりする人少ないし(統計を取ったわけではないが肌感覚。異論は認める)、その辺は見習いたい。

 

 

 

 

 

 

さて、今更ですが表題の通り半年過ぎました。エジプト生活も(予定上)残りは3ヶ月とちょっとです。

 

漫然と過ごす日もあり反省もたくさんありますが、ここまできたら残り悔いなく楽しく生きて帰ろうと思います。やり残したことを紙に書き出す作業も近々やろうな。

 

 

 

 

 

とりあえず半年記念にやってきたムハンマドアリーモスク

 

 

f:id:riku_drummer:20180620201053j:image

 

 

 

 

と、そこからのカイロの眺め。これは割と絶景です。

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180620201132j:image

 

 

 

 

 

礼拝の写真がないの残念ですが、放送を聞いて集まってくる人の動画は撮ったので興味ある人はまた。(ブログなぜか動画上がらん)

 

 

 

 

 

 

ではでは~😊

心機一転!!!!!

 

 

みなさんこんにちは~

 

 

 

 

 

あと2日でラマダーン終わりです。日中の辛い辛い断食もあと2日。最初は「初日だけやってみます!!!」みたいな感じでしたが、ダハブ除いて結局最後までやったね笑

 

 

 

 

 

 

 

 

ダハブから帰ってからは本当にダラダラ過ごしてます。いや、断食してると本当に日中、力が出ない。あれをやろう、これをやろうという意志力がみるみる削られていきます。(というか最初から湧き出てこない)

 

 

 

 

 

 

 

うーん、時間を無駄にしてる気もするけど、断食してること自体が新しい経験なのでここは前向きに捉えていきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

断食すると体調が良くなるという説がありますが、それに関してはさっぱり実感ありません。多分水飲めないからだと思いますが、とかく怠くて疲労感がすごいです。

 

 

 

 

 

 

ただ、いかに自分が普段無駄なエネルギーを摂取してたかには気づけましたね。結局24時間に1回食べれば割と生きていけるわけなので。今後の食生活を見直すきっかけにはなったかもしらんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁしかし、断食明けに食う飯が美味くて辞められないんですよね。何食っても美味い。水すら美味い。生きてて良かった~~~~~!!!ってなります。

 

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180613072242j:image

 

 

 

 

 

これはシリア料理。美味かったな~

 

 

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180613072356j:image

 

 

 

 

 

チキンのトマト煮。

 

 

 

 

ラマダーン中は結構手の込んだ料理がたくさん出てきて見てるだけでも楽しい(いや、食べないと楽しくない)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう僕のエジプト滞在も(設定上)あと3ヶ月ちょいとなりました。早い。そろそろ半年を迎えますが、はっきり言ってアラビア語の出来はうーん、、、です。

 

 

 

 

 

まぁ来た時に比べればそりゃ喋れるし聴けるしなんですが、これで帰るとちょっと虚しいかなという、、、

 

 

 

 

 

 

ラマダーンが明けたら本格的に気合い入れ直してやろうと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、気合いを入れ直すべく、という訳でもないんですが、髪をガーッと短くしました。短くしました、というか坊主になりました。いつぶり。大学生になってからは初です。

 

 

 

別に望んだわけでも無かったんですが、お客さんがたまたまバリカン持ってはって、そのまま話の流れから勢いで。日本帰るまでに伸びるのかなぁ。

 

 

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180613072626j:image

 

 

 

 

 

 

 

(あれ、意外と似合う.....?)

 

 

 

 

 

 

 

 

似合うって言ってください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

断食もしてるし、最近はスタッフがナイル川で釣ってきた魚を揚げて食べたりしてましたが、ついに外見までエジプト人に近づいてしまった..........................

 

 

 

 

 

 

 

アラビア語エジプト人みたいに喋れるようになろうな、、、、、😅

 

 

 

 

 

 

 

短いですが今日はこの辺で。いや、本当にラマダーン中何もしてないので書くことがないんだ。許してくれ。

 

 

 

 

 

それでは、مع السلامة😅

 

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180613073346j:image

シナイ山の話、これから

 

 

連投連投~~~~~

 

 

 

 

記憶が色褪せる前に写真を整理してガリガリまとめていきます。夜登山だったので前半は写真無いです。つまらん文です。ピャーッと飛ばして是非写真だけ見てください、、、

 

 

 

 

 

 

 

例のエキサイティングバギーツアーから4時間、ぎゅうぎゅうのミニバスに詰められて、向かった先はシナイ山です。

 

 

 

 

 

 

 

 

シナイ山といえば、モーセ十戒を授かったユダヤ教始まりの地。岩肌には木など一本もなく、ただただ荒野の中に佇む岩山という感じ。たまらん。

 

 

 

 

 

 

日本人(というかアジア人)は僕だけで、ブラジル人、フランス人、オランダ人、エジプト人と10人で参戦。

 

 

 

 

 

 

装備もペラペラだったのでめちゃくちゃ不安でした。寝てないし。(バギーツアー後に寝ようとするも脳が興奮してて眠れない)

 

 

 

 

 

 

不安というのもそのはず。前にちらっと書いた通り、昨年ソロ富士山にて下山時にすごい霧が発生。森に迷い込み、熊出没注意の看板を見た時に、人生で初めてこれは死ぬかもしらんと本気で思ったことがあり(携帯に色々メモしたぐらいには死ぬかもと思った)

 

 

 

 

 

 

山は舐めてかかると死ぬぞと

 

 

 

 

 

 

 

 

絶対にコンディション整えて、誰かと一緒に登らなあかん、と

 

 

 

 

 

 

今回は10人チームなのでまぁなんとかなるか、と思いながらも、深夜登山でライト無しは不安すぎる、、、(何も学んでいない)

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、5箇所ぐらいある検問も通過。本当に日本のパスポートってのは偉大で、見せるだけで「はいどうぞ」エジプト人とブラジル人はなんかやたらとチェックされてたな。

 

 

 

 

 

 

 

 

深夜のシナイ山到着。写真欲しかったけど、暗くて何も見えない。とにかくでかい何かに囲まれてることは雰囲気でわかる。

 

 

 

 

 

 

麓にはポンチョを売りつける商人たち。「寒いから」と莫大な額でポンチョを売る。(ただ、これが意外に可愛いシナイ山限定デザインで若干欲しくなる笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

登山開始。

 

 

 

 

 

 

 

 

シナイ山は、危険を伴うためガイド無しでの登山が禁止されてます。

 

 

 

 

 

 

ところが。やってきたガイドはどう見ても50-60歳のヨボヨボおじいさん。足元はサンダル、ペラペラ装備。

 

 

 

 

 

 

英語もすっからかんなので、仕方なくアラビア語で説明を受け、分からない人に英語で通訳。しんどかったらラクダに乗れ。歩けるやつはワシについてこい。そんなこと言ってた。

 

 

 

 

 

 

 

登山開始して気づいたけど、ライト必要ありませんでした。というのもその日はバッチバチの満月。月の光が荒れた岩山を神々しく照らし出します。あっぱれ自然の力。

 

 

 

 

 

 

登ってると、ラクダ小隊が道を行き来。脱落した登山者が超高額なチップを払ってラクダに運ばれていきます。(ギザでの相場が100ポンドに対し、ここは250ポンド。およそ2.5倍なのです)

 

 

 

 

 

 

 

俺は絶対こいつらには乗らんぞ

 

 

 

 

 

 

 

 

気合を入れ直して、とにかく無骨な山を黙々と登っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

開始30分後

 

 

 

 

 

 

明らかにガイドのペースが落ちる。え?どした?と思いきや

 

 

 

 

 

「ちょっと疲れたしタバコ吸うから先行っといて」

 

 

 

 

 

 

君、ガイドって何か知ってる???

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところがブラジル人、エジプト人「へいへーい」って感じでどんどん進んで行く。国民性なのか?南米アフリカの人は適当なことに対する寛容さがすごい(偏見?)

 

 

 

 

 

 

 

 

結局ガイドを待たずに再発進()。山が危険だからついてるガイドなのにガイド置いてく。

 

 

 

 

 

 

(ツアー代160ポンドでちょっと安すぎると思ってたら、後から考えればおそらくそういうこと。ガイドが料金に含まれてないやつ。)

 

 

 

 

 

 

 

 

仕方なく10人で登山。フランス人のおばあちゃんがアラビア語ペラペラで、喋りながらゆったり一緒に登ります。ブラジル人はタフで、すぐ見えなくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

シィィィィィィン

 

 

 

 

 

 

コッコッコッコッ

 

 

 

 

 

 

 

 

バギーの時以上の静けさ。たまに地面をふみ鳴らすラクダの足音が横を通り過ぎていきます。

 

 

 

 

 

 

 

月がとにかく綺麗。月から離れたところに、星。電灯は一本としてありません。あるのは月光、静けさと岩山のみ。

 

 

 

 

 

 

 

めちゃくちゃ綺麗。。。。

 

 

 

 

 

 

時にすごい数の岩の階段が現れたり、これ登るの?って坂が出てきたり。

 

 

 

 

 

 

 

ぼちぼち登るにつれて、オランダ人が消え(速い)、ブラジルが消え(もっと速い)、エジプト人が消え(ラクダ乗りやがった)、とうとう一緒に登ってたフランス人おばあちゃんも疲れて休憩するからと消え....

 

 

 

 

 

 

 

気づいたら1人、黙々と歩きながらモーセの足跡を辿る。

 

 

 

 

 

 

寝てないのもあってなんか逆にハイ。もう覚えてないけどよく分からないことに感動しながら、一歩一歩登っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

途中、富士山みたいに山小屋があって、コーヒーだのチャイだのをカイロの6倍ぐらいの値段で売りつけてきます。寒さを逆手に取ったいい商売。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2時間後、ちょっと空が白んできました。やばい。山頂で日の出が見たい。ペースを上げて、ラスト800段の石階段を急ぎます。(試練の階段)

 

 

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180601202206j:image

 

 

 

この辺からやっと写真が撮れる明るさになってくる。4時ぐらい?

 

 

 

 

明るくなるにつれ、自分の登ってきた道、そしてこれから進む道が徐々に見えてくる。

 

 

 

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180601202531j:image

 

 

 

 

 

す、すげぇ。

 

 

 

 

 

 

 

こんなとこ来てたんか。

 

 

 

 

 

 

ラスト200段、もう勢い勝負。

 

 

 

 

 

なんとか2時間半で登頂。まだ山頂の1番眺めがいいとこが空いてそう。めちゃくちゃ寒いけど、最後の力を振り絞って岩を駆け上がる

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180601202815j:image

 

 

 

 

 

あそこがゴール。多分1番高いところ。

 

 

 

 

 

 

 

ユダヤ教徒と思われる人たちが、聖歌を歌ってます。毎度のことながら周りが見えずにギャーギャー騒ぐ中国人たちをよそに、徐々に山の全貌が見えてきます

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180601203024j:image

 

f:id:riku_drummer:20180601203051j:image

 

 

 

 

な、なんだこれは、、、、

 

 

 

 

 

 

 

この辺りから、身体の疲れと頭の疲れも相まって全く処理が追いつかなくなる。時間の経過とともに露わになる岩山の世界に、ただただ「うわぁぁ...」しか言えない。

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180601203243j:image

 

 

 

 

ちょっとずつ、でも確実に日が昇りつつあるのを感じる

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180601203306j:imagef:id:riku_drummer:20180601203333j:image

 

 

 

そして

 

 

f:id:riku_drummer:20180601203353j:image

 

 

 

 

 

ついに日の出。一気に世界が明るくなる。歓声。夢中にシャッターを切る人、聖歌を歌う声が一段と強まる。

 

 

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180601203541j:image

 

 

 

 

ついに姿を現した周囲の岩山。なんじゃこりゃ。この世のものなのか。頭が疲れてて何も分からんまま、ただただ広がる世界に圧倒されます。

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180601203716j:image

 

f:id:riku_drummer:20180601203728j:imagef:id:riku_drummer:20180601203742j:image

 

f:id:riku_drummer:20180601203853j:image

 

 

 

空が明るくなるにつれて、岩の存在感も増してきます。すごいコントラスト。

 

 

 

 

 

 

遅れて来たフランス人おばあちゃん涙。そら感動もする。

 

 

 

 

 

 

 

1時間後、下山。かなり寒かったけど、日が出てからはむしろ暑さとの戦いです。寝てない分、そして山頂で冷えたぶん身体が動きません。

 

 

 

 

 

 

 

足がガクガクだ、、、「こういう感覚を膝が笑うって日本語で言うんだよ」ってエジプト人とフランス人に教える。その感覚を登頂したみんなで共有しながら、下山。

 

 

 

 

 

 

 

夜には見えなかった、自分たちの通った道の全貌

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180601204327j:imagef:id:riku_drummer:20180601204339j:imagef:id:riku_drummer:20180601204357j:image

f:id:riku_drummer:20180601204419j:image

f:id:riku_drummer:20180601204531j:imagef:id:riku_drummer:20180601204552j:image

 

 

 

 

どこまでも無骨でパワフル

 

 

 

 

 

なんとか下っていきます

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180601205239j:image

 

 

 

この下山がまた曲者。寒さと山頂での変な休憩のせいで、身体が固まってしまうんです。疲労もピークで、次々と脱落した人が超高額ラクダに乗せられて下っていきます

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180601204723j:image

 

f:id:riku_drummer:20180601204731j:imagef:id:riku_drummer:20180601204741j:imagef:id:riku_drummer:20180601204749j:image

f:id:riku_drummer:20180601205117j:image

 

 

 

 

 

どや、俺は要救助者を運んでんねん😏

 

 

 

 

 

 

 

とでも言いたげなラクダのドヤ顔

 

 

 

 

 

 

一瞬心揺れるも、なんとか喝を入れて下山。帰りは2時間ぐらい。膝がガタガタ。登山する前はちゃんとトレーニングしような、、、、

 

 

 

 

 

 

下山後は麓にある世界最古の修道院、サントカタリーナにお邪魔....の筈なんだけど、ここで力つきました。写真一枚も撮ってないし、なんなら修道院の中あんま記憶ない。みんなじっくり見てる中、僕だけ30分で抜けて外で爆睡。。。。(本当に恥ずかしい)

 

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180601205503j:image

 

 

 

 

 

 

しかしすごい山やった。山頂に登っての感想はカッパドキアマチュピチュ足して2で割った感じ」(どっちも行ったことないけど)

 

 

 

 

 

 

 

とにかく、雄大で規模が違います。

 

 

 

 

 

登った後に自分の来た道が見えてくるのもドラマチックで⭕️

 

 

 

 

 

夜登山も、普段とは違った雰囲気だし静かで、1人色々考えて面白かったです。

 

 

 

 

 

 

 

日の出の瞬間は忘れがたいものになりました

 

 

f:id:riku_drummer:20180601205748j:image

 

 

f:id:riku_drummer:20180601205813j:image

 

 

f:id:riku_drummer:20180601212809j:image

 

 

 

 

 

日本帰ったらバイク買い直して、いろんな山登りたいな~~~~~~

 

 

 

 

 

 

 

海、山、日の出、夕日、砂漠.......... 

 

 

 

 

 

 

とかく自然を思いっきり満喫したダハブ滞在でした。

 

 

 

 

 

バックパッカーのリゾートとして、1日何もせず沈没する人数多のダハブですが、ちょっと足を伸ばせばこんなにエキサイティングな体験ができてしまいます!

 

 

 

 

 

 

 

(ちなみに)

 

 

ダイビングライセンス→350ドル

シナイ山→10ドル

バギー→12ドル

 

 

 

 

 

ですので参考までに。

 

 

 

 

 

さぁ、休暇も終わって今日からカイロで仕事です。実はもうエジプト滞在も3-4ヶ月しか残っていません。大変。

 

 

 

 

 

やり残すことの無いよう、そしてアラビア語スキルだけでなく人間としても成長できるよう、残りしっかりやっていこうと思います。でかい人間になろう!

 

 

 

 

 

 

 

(ちなみにはぐれたガイドは7合目のとこでブラジル人とチャイ飲みながら待ってました。ほんまエジプト人のこういうところなぁ。嫌いじゃないけど。)

 

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180601210458j:image

 

バギーに乗った話

みなさんこんにちは~

 

 

 

 

本日ダハブからカイロに帰って参りました。

 

 

 

 

 

やっぱりホームタウンは落ち着きます。この喧騒と車の多さと無駄な人の絡みがカイロの魅力。物価も安いし、やっぱここだな~って感じです。エジプトといえばカイロ。これに尽きます。

 

 

 

 

___________________

 

 

 

とまぁ調子に乗ったカイロ慣れ発言はこの辺にいたしまして、今回はダハブ後半のバギーとシナイ山登山を2回に分けてまとめていきます。

 

 

 

 

語彙が追いつかないので写真多めで。

 

 

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180601185629j:image

 

 

 

 

 

バギー乗ったことある人って少ないと思うんですが、こんなやつです。

 

 

 

 

 

オフロードを駆け抜けるべく超タフなタイヤを履いた4輪。マリオカートみたいでダサい感じもしますが、これが乗ってみるとめちゃくちゃエキサイティング。

 

 

 

 

 

ツアーは500ポンド(3000円)で売りつけられましたが、結局値切りに値切って200ポンド(1200円)に。カイロでの経験がダハブで炸裂してます。

 

 

 

 

 

 

さて、まずはタイヤに空気を充填。え?手動?そんなチャリに空気入れるようなテンションで充填するの。本当に大丈夫?

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180601190009j:image

 

 

 

もっとこう、ガソリンスタンドで空気入れる時みたいに、ガッツリした空気入れる使わんのかな。こんなゴリゴリなタイヤに手動充填すか。

 

 

 

 

 

そして砂埃対策(砂漠を爆走するので)でスカーフを顔にぐるぐる。いや、なんも見えへん。あと帽子の上からスカーフ巻くなや。

 

 

f:id:riku_drummer:20180601190104j:image

 

 

 

 

 

けど本当にこのぐらいやらないと大変。砂がとにかくすごい。

 

 

 

 

 

 

 

満を持して出発!

 

 

 

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180601190252j:image

 

 

 

 

 

ウォォォォぉぉ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バイクとは全く操作感が違って最初はコースアウトしまくるも(ダサい)、10分ぐらいで慣れて砂漠を爆走。オフ車はすごい。振り回してもクラッシュしないし、思いっきり振れる。気持ちいい~~~~~~

 

 

 

 

 

 

 

 

砂漠を抜けて道路に出ると、どこまでも真っ直ぐ一直線。これはスピード出せる!体感70キロぐらい?忘れかけてた2輪のスピード感を半年ぶりに味わう

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180601190454j:image

 

 

 

 

ヒュォォォォォォ

 

 

 

 

何より眺めが最高。

 

 

 

 

 

右に岩山

 

 

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180601190649j:image

 

 

 

 

 

 

左に海と街!

 

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180601190907j:image

 

 

 

 

 

 

こんな開放的な気分になったのいつぶりだ、という

 

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180601192103j:image

 

 

 

 

 

 

途中で道路から岩山側に抜け、道無き道をゴリゴリチェイス。そのままバギーから降りて登山開始。エジプト人、フランス人、ドイツ人とガシガシ登っていきます。

 

 

 

 

 

 

ダハブに着いてからはトレーニングサボってたからきつい。ダイビングの疲れもあるのか、思いの外苦戦。

 

 

 

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180601191048j:image

 

 

 

 

 

ゴリゴリの登山じゃん!

 

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180601192610j:image

 

 

 

 

 

 

ラストスパート!

 

 

 

 

 

 

そして世の常、登った先に絶景!そりゃ調子に乗った写真も撮りたくなる。

 

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180601192309j:image

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180601191332j:image

 

 

 

 

周りが山に囲まれてるせいか、なんの雑音も聞こえません。シィィィンっていう空間の音(?)が聞こえるぐらい静か。

 

 

 

 

 

 

 

日が落ちつつあったので今度は山から海に向かって爆走。

 

 

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180601191630j:image

 

 

 

 

 

 

海に着くと、バッチリなタイミングで夕日が沈みつつある!これがこのツアー最大の見どころらしい。なんてツアーだ!やるなお前ら!

 

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180601191732j:image

 

 

f:id:riku_drummer:20180601191812j:image

 

 

 

 

 

 

たった1200円のツアー、登山、絶景とエキサイティングなバギー体験を含む最高なやつだった~~~~~~~~~

 

 

 

 

 

 

 

 

宿に帰って、「バギー乗りました?」とお客さんにきくと、意外にもみんな乗ってない。「あれ乗れるんすか?へぇ~(スマホいじいじ)」超勿体無いからそれ!みたいな。

 

 

 

 

ダハブといえばゆったりダイビング。みんな海に気を取られてて、背後にそびえる岩山なんて目もくれない。

 

 

 

 

 

 

しかし、ダイビング一本360ポンド、バギー2時間200ポンド。

 

 

 

 

 

 

うーん、

 

 

 

 

 

ダハブ行ったらバギー乗れ。

 

 

 

 

 

 

 

そのぐらい満足ツアーでした。エジプトきて初めて心からチップ払ったもん笑

 

 

 

 

 

 

 

ゆったりリゾートダハブですが、動かないのは勿体ない!16ー18時でバギー乗った後は、深夜登山でシナイ山山頂を目指します。(完徹乙)続きは次の回で~👍

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180601193511j:image

 

 

 

 

 

休暇!

 

みなさんこんにちは~

 

 

 

 

 

 

 

 

ラマダーン中のエジプトから花崎です~

 

 

 

 

 

 

 

現在、世界一物価の安いリゾートとして名高いダハブにやってきております。

 

 

 

 

 

 

 

 

カイロでは5日間、ラマダーンの断食をスタッフとトライし、リゾート地に逃亡してくる格好になりました。

 

 

 

 

 

 

ちなみに断食に関して感想

 

 

 

 

1.昼夜が逆転する

2. 3日目から日中腹減らなくなる

3. 何日経っても水ナシはきつい

4. 断食後は意外に食べれない

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんまに断食中は昼夜逆転します。晩飯(その日初の食事)を食うと充電されるせいかめちゃくちゃ元気に。そのまま朝5時ぐらいまで活動して、日中ぐででーんとなってる感じでした。

 

 

 

 

 

 

日中お腹空かなくなるのは本当の話で、身体がリズムに慣れてくるのか、飯なしでも全然やってける身体になります。

 

 

 

 

 

(それでも水は常に恋しい)

 

 

 

 

 

胃が小さくなるせいか、食べれなくなります。ダイエット効果あり?

 

 

 

 

 

 

 

ただ、このままこの生活を1ヶ月続けたら確実に人間としてダメになる気がしたので、(本当に日中何もしなくなる)溜まった有給をまとめて消化。ダハブにやってきました。

 

 

 

 

 

 

カイロ→ダハブは、夜行バスで9時間。夜行バスっていっても、バスの中はガンガン映画かけるし途中検問があったりでさっぱり眠れません😅

 

 

 

 

 

 

結局2時間ぐらいしか眠れず到着~~~

 

 

 

 

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180528215518j:image

 

 

 

 

海だぁぁぁ(エジプト来て2回目)

 

 

 

 

 

ここダハブは、ネットではとにかく物価が安くて時間感覚がゆったりということで名高い、紅海沿いのリゾート地。

 

 

 

 

 

(安い安い言われてますが、物価はカイロの比じゃないぐらい高くてゼェゼェ言ってます。他のリゾートと比べれば安いんだろけど、カイロが安すぎた。)

 

 

 

 

 

 

 

 

近年はシナイ半島の情勢悪化でお客さんは減ってるようですが、果たして?

 

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180528215956j:image

 

 

f:id:riku_drummer:20180528220005j:image

 

 

 

 

 

 

全然人いねぇ

 

 

 

 

 

 

 

 

ラマダーン中なのもあり完全にシーズン外して来てしまいました笑

 

 

 

 

 

まぁしかしリゾート地なのでお店とかはお洒落。高いけど。いいもん食べたら一食800円ぐらい。日本と比べれば激安だけど、カイロで1日300円で生活してる花崎くんには高すぎます、、、

 

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180528225118j:image

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180528225143j:image

 

 

 

 

 

 

 

さて、今回ダハブに来た目的は2つです

 

 

 

 

 

・ダイビングライセンス取得、できればレックダイブ(沈没船観測)

 

シナイ山登頂(メイン)

 

 

 

 

 

 

カイロで引きこもりマンになっていたので、そろそろアクティブゲージが溜まってたんです。発散させていくぞ。

 

 

 

 

 

 

ダハブはダイビングライセンスを超安く取得できます。日本なら7、8万?かかるとこ半額です。5日で取れるっていうし、まぁやるか😊ぐらいの軽い気持ち。(あとは昔から沈没船を見たいという小さな夢もあったので、ここで夢に一歩前進しとくかと)

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイビングライセンスの取得は、まずは潜る前に水面でのスキルを習得します。僕はバイトでスイミングコーチやってたぐらいなので泳ぎには全く不安は無く、「じゃあ海に浮かんで見ましょう」とか言われても「へいへい、そんなん簡単やで」ぐらいな気持ちでした。

 

 

 

 

 

 

 

ところがどっこい。完全に自分の三半規管がゴミカスなのさっぱり忘れてて。そう、波酔いです。車とかも割と苦手なんですが、まさか波にこんなに弱かったとは、、、

 

 

 

 

 

 

 

ウェェェ気持ち悪いぃぃぃぃ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一撃で波にやられ戦闘不能に、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

泳げることは分かってもらえたので、水面のスキルはさっさと終わらせてもらい、海の中へ。中なら波はないので、多少はマシです。

 

 

 

 

 

ボタンを押すと、ライフジャケットの空気が抜けて身体が沈んでいきます

 

 

 

 

 

 

ワァァァァァァすげぇぇぇぇ!!!!!!!

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180528221633j:image

 

 

 

 

 

 

紅海めちゃくちゃ綺麗!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

何枚か写真あげます

 

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180528221816j:image

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180528221806j:image

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180528221848j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

すげぇ。

 

 

 

 

これは割と感動しました。

 

 

 

 

上から見てばっかだった海の底にこんな世界があるとは。いやそりゃテレビで見たことはあったけど、それがこの距離に、、、めっちゃ綺麗。

 

 

 

 

 

 

これはライセンス云々より、この世界を見るために金払うまであります。

 

 

 

 

 

いや〜しかしすごい。言葉が見つからん。

 

 

 

 

 

 

 

これはなかなかいいものを見ました。割と生涯の趣味にしたいかもって思うレベルでした。初めてバイク乗った時に近い感動。

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで明日ラストダイブ、アドバイスオープンウォーターまでライセンスを取得完了予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

取得翌日はシナイ山モーセ十戒を授かり、ユダヤ教が始まったとされる伝説の地へ赴き、諸宗教のルーツを辿ってこようと思います。が。

 

 

 

 

 

 

山を安全に登れる装備がない🤚

 

 

 

 

 

 

標高2千メートル越えのガチ山なので、当然頂上は極寒。ユニクロのウルトラライトダウン1枚でしのげるのだろうか。靴は一応登山用だけど、雨具も山用のやつは持ってないなぁ。

 

 

 

 

 

 

昨年、1人富士山の下山中に霧が出て森に迷って「山は舐めたらほんとに死ぬ」というのを実感した身としては、ちょっとどうなのかなぁと考えている最中です。ノリで山登るとか言ったらあかんからね。

 

 

 

 

 

 

エジプト来る前に、山を登る可能性について考えとくべきだったな、、、天気とかも見ながらギリギリに判断しようと思います。

 

 

 

 

 

 

まぁそんな感じでバリバリのレジャーアクティビティが揃ったいい感じのリゾート地ダハブからの報告でした。

 

 

 

 

 

(写真はプールでは出来てたバブルリングが海では全く通用せず絶望する花崎)

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180528222340j:image

 

 

 

 

 

もう5ヶ月になります

 

みなさんこんにちは~

 

 

 

 

 

 

エジプトにきて早5ヶ月。僕の留学も折り返し地点まで来てしまいました。(お前はいつまでエジプトに居るつもりなんだ

 

 

 

 

 

 

 

ここまでの成果に点数をつけると

 

アラビア語→70点

英語→23点

 

 

 

 

 

みたいな感じです

 

 

 

 

 

いやもう英語が本当にさっぱり出てこなくなってですね。(museumよりمتحفの方が早いみたいな)中国人のお客さんにアラビア語で喋ってどうすんねんって話。

 

 

 

 

 

 

 

まぁぼちぼちここから残り半分やっていきます。英語は出来て当然みたいな風潮があるのでこれもなんとか独学で世界標準目指そうな、、、

 

 

 

 

 

 

 

さて、つまらん話は置いといて

 

 

 

 

 

 

رمضان كريم

 

 

 

 

 

 

本日より、イスラム教徒の断食月ラマダーンに突入致します!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、僕の知識の整理も兼ねて、ラマダーンっちゃ何ぞや?ということを簡単に書きます

 

 

 

 

 

 

 

ラマダーン、というのはスパッと言えば月の名前です。イスラム教の世界では「ヒジュラ暦」と呼ばれるコヨミが使われるわけですが、その中の月の名前の1つがラマダーンなのです。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにヒジュラ暦太陰暦を使ってます。月の満ち欠けのペースを見て1年を分ける考え方です。

 

 

 

 

 

普通は太陽を中心とする太陽暦を採用してますので、ラマダーンがやって来るタイミングは毎年少しずつ(2週間ぐらい?)ずれるんです。今年は5月。

 

 

 

 

 

 

 

 

そのラマダーンですが、「断食月」の名の通り、要はその期間断食を行います。

 

 

 

 

 

 

 

この断食を通して、食べ物もろくに食べれない貧しい人の気持ちをシェアしよう、そして助け合おう、というのが本来のラマダーンの目的です。ちょっと話は脱線しますが、イスラム教ってのは本来とても優しい宗教なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁしかし、1ヶ月断食なんか物理的には不可能ですので、「日中は食わず、夜死ぬほど食う」これで乗り切ります

 

 

 

 

 

 

 

 

断食の時間は朝の礼拝(4時とか、それより前)から日没まで。なのでこの期間、イスラム教徒の生活は完全に昼夜逆転します。

 

 

 

 

 

 

朝4時に起きて死ぬほど食い溜め、昼まで寝て昼からダラダラ、夜はパーティー騒ぎです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ気温40度の中、断食してる彼らが日中元気な訳もなく、殆どのお店は日中閉店ガラガラ、その辺を歩いてる人の機嫌は悪いし全然働かないしで、社会活動は一時停滞します。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなラマダーンにしか食べれない食事があったり、夜のパーティー騒ぎが楽しかったりで、イスラム教徒にとっては割とお祭りみたいな一面もあるようです。

 

 

 

 

 

 

 

しかしこのラマダーンイスラム教徒に限った話なので、当然私花崎は断食もクソもなく普通の生活を送れる筈です。

 

 

 

 

 

 

 

 

筈です。

 

 

 

 

 

 

筈なんですが。

 

 

 

 

 

 

 

先日ぐらいから、一緒に働いているエジプト人スタッフからのプレッシャーが半端ではない。特にひらがなのくだりで登場したムハンマド氏ですが、「お前はマイフレンドだから断食するよな?な?」「断食したあとのパーティーは超ハッピーだから」「身体にもいいんだ」と根拠ふにゃふにゃの主張をずっと繰り返しています。夜中起きて飯食って寝る生活のどこが身体にいいんだ。。。

 

 

 

 

 

 

 

まぁでも、ホテルで生活しててみんな周りはイスラム教徒。皆断食してる中で、1人だけホテルで飯を食ってるのもなんだか気が引けないこともない。夜のパーティーも心底楽しめるかというと、うーん、、、断食した方がそれは楽しめるよねぇ、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

外の気温は40度。断食してみたい気持ちとそれは無理でしょという気持ちが天使と悪魔のように脳の中で争っております。

 

 

 

 

 

 

 

断食するか...?

 

 

 

 

 

 

下手したらラマダーン中にイスラム世界で暮らすのが人生最後と考えると、やってみるのも悪くないかもしれない。けどそこまで苦痛を味わう必要はあるのか?いややってみないと分からない達成感とか一体感みたいなやつがあるのか?ううーーーんどうしたもんか

 

 

 

 

 

 

いやしかし考えてみよ。日本で死ぬほど飲んだ次の日。うぇー頭いてぇ~気分悪ぃ~で1日ゴロゴロして、晩飯まで何も食べないって大学生には割と普通に(?)あることでは。人によっては日中食わんなんて普通でしょ。僕はきっちり3食食べる派なので抵抗あるんですけども....

 

 

 

 

 

 

そうだ

 

 

 

 

 

 

とりあえず初日だけやってみよう☝️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いけそうだったら続ければいいし、無理なら「いや俺外国人だし!イスラム教徒がなんだ!同情はないぞ!」とか適当なこと言えばいいし。1ヶ月って思うから死ぬほどしんどそうに思えるだけで、1日ならなんとかなるかもしらん。

 

 

 

 

 

エジプトに来て以降、発想の転換はかなり得意になった(というか転換してないと対応できない)ので、「郷に入りては郷に従え」じゃないですが、とりあえずやってみて損はしないんじゃないかと。

 

 

 

 

 

というわけで花崎くんは、イスラム教徒の気持ちになるべく、ラマダーン初日の断食に挑戦してみることにしました。

 

 

 

 

 

 

人生経験のひとつとして、1日目だけでも頑張ってみよう!では!

 

 

 

 

 

 

(明日SNSに飯とか甘いもんの写真あげた人は普通に心の中で呪います)

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180517052233j:image