エジプト住み込み記

エジプトに やってきた

もう5ヶ月になります

 

みなさんこんにちは~

 

 

 

 

 

 

エジプトにきて早5ヶ月。僕の留学も折り返し地点まで来てしまいました。(お前はいつまでエジプトに居るつもりなんだ

 

 

 

 

 

 

 

ここまでの成果に点数をつけると

 

アラビア語→70点

英語→23点

 

 

 

 

 

みたいな感じです

 

 

 

 

 

いやもう英語が本当にさっぱり出てこなくなってですね。(museumよりمتحفの方が早いみたいな)中国人のお客さんにアラビア語で喋ってどうすんねんって話。

 

 

 

 

 

 

 

まぁぼちぼちここから残り半分やっていきます。英語は出来て当然みたいな風潮があるのでこれもなんとか独学で世界標準目指そうな、、、

 

 

 

 

 

 

 

さて、つまらん話は置いといて

 

 

 

 

 

 

رمضان كريم

 

 

 

 

 

 

本日より、イスラム教徒の断食月ラマダーンに突入致します!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、僕の知識の整理も兼ねて、ラマダーンっちゃ何ぞや?ということを簡単に書きます

 

 

 

 

 

 

 

ラマダーン、というのはスパッと言えば月の名前です。イスラム教の世界では「ヒジュラ暦」と呼ばれるコヨミが使われるわけですが、その中の月の名前の1つがラマダーンなのです。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにヒジュラ暦太陰暦を使ってます。月の満ち欠けのペースを見て1年を分ける考え方です。

 

 

 

 

 

普通は太陽を中心とする太陽暦を採用してますので、ラマダーンがやって来るタイミングは毎年少しずつ(2週間ぐらい?)ずれるんです。今年は5月。

 

 

 

 

 

 

 

 

そのラマダーンですが、「断食月」の名の通り、要はその期間断食を行います。

 

 

 

 

 

 

 

この断食を通して、食べ物もろくに食べれない貧しい人の気持ちをシェアしよう、そして助け合おう、というのが本来のラマダーンの目的です。ちょっと話は脱線しますが、イスラム教ってのは本来とても優しい宗教なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁしかし、1ヶ月断食なんか物理的には不可能ですので、「日中は食わず、夜死ぬほど食う」これで乗り切ります

 

 

 

 

 

 

 

 

断食の時間は朝の礼拝(4時とか、それより前)から日没まで。なのでこの期間、イスラム教徒の生活は完全に昼夜逆転します。

 

 

 

 

 

 

朝4時に起きて死ぬほど食い溜め、昼まで寝て昼からダラダラ、夜はパーティー騒ぎです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ気温40度の中、断食してる彼らが日中元気な訳もなく、殆どのお店は日中閉店ガラガラ、その辺を歩いてる人の機嫌は悪いし全然働かないしで、社会活動は一時停滞します。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなラマダーンにしか食べれない食事があったり、夜のパーティー騒ぎが楽しかったりで、イスラム教徒にとっては割とお祭りみたいな一面もあるようです。

 

 

 

 

 

 

 

しかしこのラマダーンイスラム教徒に限った話なので、当然私花崎は断食もクソもなく普通の生活を送れる筈です。

 

 

 

 

 

 

 

 

筈です。

 

 

 

 

 

 

筈なんですが。

 

 

 

 

 

 

 

先日ぐらいから、一緒に働いているエジプト人スタッフからのプレッシャーが半端ではない。特にひらがなのくだりで登場したムハンマド氏ですが、「お前はマイフレンドだから断食するよな?な?」「断食したあとのパーティーは超ハッピーだから」「身体にもいいんだ」と根拠ふにゃふにゃの主張をずっと繰り返しています。夜中起きて飯食って寝る生活のどこが身体にいいんだ。。。

 

 

 

 

 

 

 

まぁでも、ホテルで生活しててみんな周りはイスラム教徒。皆断食してる中で、1人だけホテルで飯を食ってるのもなんだか気が引けないこともない。夜のパーティーも心底楽しめるかというと、うーん、、、断食した方がそれは楽しめるよねぇ、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

外の気温は40度。断食してみたい気持ちとそれは無理でしょという気持ちが天使と悪魔のように脳の中で争っております。

 

 

 

 

 

 

 

断食するか...?

 

 

 

 

 

 

下手したらラマダーン中にイスラム世界で暮らすのが人生最後と考えると、やってみるのも悪くないかもしれない。けどそこまで苦痛を味わう必要はあるのか?いややってみないと分からない達成感とか一体感みたいなやつがあるのか?ううーーーんどうしたもんか

 

 

 

 

 

 

いやしかし考えてみよ。日本で死ぬほど飲んだ次の日。うぇー頭いてぇ~気分悪ぃ~で1日ゴロゴロして、晩飯まで何も食べないって大学生には割と普通に(?)あることでは。人によっては日中食わんなんて普通でしょ。僕はきっちり3食食べる派なので抵抗あるんですけども....

 

 

 

 

 

 

そうだ

 

 

 

 

 

 

とりあえず初日だけやってみよう☝️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いけそうだったら続ければいいし、無理なら「いや俺外国人だし!イスラム教徒がなんだ!同情はないぞ!」とか適当なこと言えばいいし。1ヶ月って思うから死ぬほどしんどそうに思えるだけで、1日ならなんとかなるかもしらん。

 

 

 

 

 

エジプトに来て以降、発想の転換はかなり得意になった(というか転換してないと対応できない)ので、「郷に入りては郷に従え」じゃないですが、とりあえずやってみて損はしないんじゃないかと。

 

 

 

 

 

というわけで花崎くんは、イスラム教徒の気持ちになるべく、ラマダーン初日の断食に挑戦してみることにしました。

 

 

 

 

 

 

人生経験のひとつとして、1日目だけでも頑張ってみよう!では!

 

 

 

 

 

 

(明日SNSに飯とか甘いもんの写真あげた人は普通に心の中で呪います)

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180517052233j:image

 

 

 

5ヶ月になります

 

みなさんこんにちは~

 

 

 

 

 

 

エジプトにきて早5ヶ月。僕の留学も折り返し地点まで来てしまいました。(お前はいつまでエジプトに居るつもりなんだ

 

 

 

 

 

 

 

ここまでの成果に点数をつけると

 

アラビア語→70点

英語→23点

 

 

 

 

 

みたいな感じです

 

 

 

 

 

いやもう英語が本当にさっぱり出てこなくなってですね。(museumよりمتحفの方が早いみたいな)中国人のお客さんにアラビア語で喋ってどうすんねんって話。

 

 

 

 

 

 

 

まぁぼちぼちここから残り半分やっていきます。英語は出来て当然みたいな風潮があるのでこれもなんとか独学で世界標準目指そうな、、、

 

 

 

 

 

 

 

さて、つまらん話は置いといて

 

 

 

 

 

 

رمضان كريم

 

 

 

 

 

 

本日より、イスラム教徒の断食月ラマダーンに突入致します!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、僕の知識の整理も兼ねて、ラマダーンっちゃ何ぞや?ということを簡単に書きます

 

 

 

 

 

 

 

ラマダーン、というのはスパッと言えば月の名前です。イスラム教の世界では「ヒジュラ暦」と呼ばれるコヨミが使われるわけですが、その中の月の名前の1つがラマダーンなのです。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにヒジュラ暦太陰暦を使ってます。月の満ち欠けのペースを見て1年を分ける考え方です。

 

 

 

 

 

普通は太陽を中心とする太陽暦を採用してますので、ラマダーンがやって来るタイミングは毎年少しずつ(2週間ぐらい?)ずれるんです。今年は5月。

 

 

 

 

 

 

 

 

そのラマダーンですが、「断食月」の名の通り、要はその期間断食を行います。

 

 

 

 

 

 

 

この断食を通して、食べ物もろくに食べれない貧しい人の気持ちをシェアしよう、そして助け合おう、というのが本来のラマダーンの目的です。ちょっと話は脱線しますが、イスラム教ってのは本来とても優しい宗教なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁしかし、1ヶ月断食なんか物理的には不可能ですので、「日中は食わず、夜死ぬほど食う」これで乗り切ります

 

 

 

 

 

 

 

 

断食の時間は朝の礼拝(4時とか、それより前)から日没まで。なのでこの期間、イスラム教徒の生活は完全に昼夜逆転します。

 

 

 

 

 

 

朝4時に起きて死ぬほど食い溜め、昼まで寝て昼からダラダラ、夜はパーティー騒ぎです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ気温40度の中、断食してる彼らが日中元気な訳もなく、殆どのお店は日中閉店ガラガラ、その辺を歩いてる人の機嫌は悪いし全然働かないしで、社会活動は一時停滞します。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなラマダーンにしか食べれない食事があったり、夜のパーティー騒ぎが楽しかったりで、イスラム教徒にとっては割とお祭りみたいな一面もあるようです。

 

 

 

 

 

 

 

しかしこのラマダーンイスラム教徒に限った話なので、当然私花崎は断食もクソもなく普通の生活を送れる筈です。

 

 

 

 

 

 

 

 

筈です。

 

 

 

 

 

 

筈なんですが。

 

 

 

 

 

 

 

先日ぐらいから、一緒に働いているエジプト人スタッフからのプレッシャーが半端ではない。特にひらがなのくだりで登場したムハンマド氏ですが、「お前はマイフレンドだから断食するよな?な?」「断食したあとのパーティーは超ハッピーだから」「身体にもいいんだ」と根拠ふにゃふにゃの主張をずっと繰り返しています。夜中起きて飯食って寝る生活のどこが身体にいいんだ。。。

 

 

 

 

 

 

 

まぁでも、ホテルで生活しててみんな周りはイスラム教徒。皆断食してる中で、1人だけホテルで飯を食ってるのもなんだか気が引けないこともない。夜のパーティーも心底楽しめるかというと、うーん、、、断食した方がそれは楽しめるよねぇ、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

外の気温は40度。断食してみたい気持ちとそれは無理でしょという気持ちが天使と悪魔のように脳の中で争っております。

 

 

 

 

 

 

 

断食するか...?

 

 

 

 

 

 

下手したらラマダーン中にイスラム世界で暮らすのが人生最後と考えると、やってみるのも悪くないかもしれない。けどそこまで苦痛を味わう必要はあるのか?いややってみないと分からない達成感とか一体感みたいなやつがあるのか?ううーーーんどうしたもんか

 

 

 

 

 

 

いやしかし考えてみよ。日本で死ぬほど飲んだ次の日。うぇー頭いてぇ~気分悪ぃ~で1日ゴロゴロして、晩飯まで何も食べないって大学生には割と普通に(?)あることでは。人によっては日中食わんなんて普通でしょ。僕はきっちり3食食べる派なので抵抗あるんですけども....

 

 

 

 

 

 

そうだ

 

 

 

 

 

 

とりあえず初日だけやってみよう☝️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いけそうだったら続ければいいし、無理なら「いや俺外国人だし!イスラム教徒がなんだ!同情はないぞ!」とか適当なこと言えばいいし。1ヶ月って思うから死ぬほどしんどそうに思えるだけで、1日ならなんとかなるかもしらん。

 

 

 

 

 

エジプトに来て以降、発想の転換はかなり得意になった(というか転換してないと対応できない)ので、「郷に入りては郷に従え」じゃないですが、とりあえずやってみて損はしないんじゃないかと。

 

 

 

 

 

というわけで花崎くんは、イスラム教徒の気持ちになるべく、ラマダーン初日の断食に挑戦してみることにしました。

 

 

 

 

 

 

人生経験のひとつとして、1日目だけでも頑張ってみよう!では!

 

 

 

 

 

 

(明日SNSに飯とか甘いもんの写真あげた人は普通に心の中で呪います)

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180517052233j:image

 

 

 

4000年前の言語

みなさんこんにちは~

 

 

 

 

 

(現在ホテルでは、Lonesomeが流れております)

 

 

 

 

 

 

 

エルレガーデン復活しましたね~!!

 

 

 

 

 

 

 

高校時代、チャリ通学しながら永遠に聞いてたELEVEN FIRE CRACKERSが懐かしいです。歌詞見たことなくても何故かコーラスパートまで全部歌えちゃう、超聴き込んだバンド。古い曲にも魅力はありますが、中でも1枚目に聴いたこのアルバムがなんだかんだ一番思い入れがあるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ハマったときにはすでに活動休止していただけに、何度も動画で見たあのライブが現実に見れるチャンスが突然やってきたと思うとわくわくします

 

 

 

 

 

 

 

リアルタイムでエルレを聴いてた人にとっては相当な感動でしょうね。。。10年越しって。。。僕なんかには到底分からん喜びがあるんだろう。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残念ながら今回のツアーは参戦できませんが(新木場まで10万かけてエジプトから飛ぶ財力はないし、そもそも当たらんだろし)近々また別でやってくれることを願うのみですね。。。僕が大学生やってる間に是非。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

(言語に興味のない方はここまでで結構です。。。お付き合いありがとうございました。。。)

 

 

 

__________________

 

 

 

 

(さて、10年ぶりに帰ってきたエルレガーデンの話をしましたが、こちらは4000年前の言語の話です)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日スタッフブログで、1年ちょいぶりに博物館を訪れた話を書かせていただきました。

 

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180511014355j:image

 

 

 

 

それはそれは恐ろしい博物館で、相も変わらず、一個一個に想像もつかない重みのある像や石碑、装飾品、人形がごろごろその辺に転がっている(展示しているというよりは本当にポイポイその辺に投げ捨ててある)感じで

 

 

 

 

 

 

これ一個彫るの、当時の技術でどのくらいの時間と労力かかるんだろう」と。

 

それが4000年後の今、博物館の片隅に、特別な配慮なく置き去りにされてる感じがなんかもう気持ち悪い。

 

 

 

 

 

 

 

 

人によってはその場で体調を崩すという話もあるエジプト考古学博物館ですが、なんとなくわかる気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず、1つ1つがそこはかとない重みをもっているであろう掘り出し物が20万点、その価値を忘れ去られてテキトーに置かれてある場所なのです。

 

 

 

 

 

 

 

特に目を引くのが文字です。ヒエログリフです。世界でも最古の部類に入るであろう文字(楔形文字の方が先行?)。

 

これ適当に彫ってるんじゃなくて、当然ちゃんと意味があるはずです。そう考えるとぞわっとします。

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180511014317j:image

 

 

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180511014432j:image

 

 

 

 

これはなんなんやろう。本気で神様を信じて祝詞みたいなのを書いてるのか、はたまた当時の生活のことを書いてるのか、政治的なことなのか、戦争の記録なのか、実は彼女とのケンカのことだったりするのか、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

で、ミーハーな筆者はふと、思ったのです

 

 

 

 

 

 

 

 

読むべきなのではないか

 

 

 

 

 

 

 

というか読んでみたいぞ

 

 

 

 

 

 

 

 

4000年前の人間の記録を、1ミリでもいいから読んでみたい。まだルクソールにも行ってないので、行く前にちょっと知識を入れときたかったのもあります。この博物館のやばさを、実感をもって体験したかったのかもしれません。

 

 

まぁ一応外国語学習者の端くれですし?興味わいたんですよ。なんかいろいろ書いたけど、もう理由なんかいいや。なんかとりあえず立ち読みだけでもって思ったわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

博物館の後、すぐさまカイロアメリカン大学の本屋へ。ここはエジプトの中でもトップクラスの質の洋書を多々出版している優秀な本屋。本もきれいでよろしい。(ちなみにエジプトのその辺の本屋に入ると本当に本が汚いです。新品でもブックオフの中古並みかそれ以下。。。)

 

 

 

 

 

 

 

 

早速ヒエログリフに関するコーナーで立ち読み。

 

 

 

 

 

 

 

まず思いっきり誤解してたんですが、ヒエログリフってのは「表意文字」かつ「表音文字なんですね。ただの表意文字なんだと思ってたんだけど。

 

 

 

 

 

 

 

つまり、漢字の特徴とアルファベットの特徴を併せ持っているのです。

 

 

 

 

 

 

鳥、という単語がapdと表記されるのですが、その隣に鳥の象形文字を置いたり。

 

 

 

 

 

そりゃシャンポリオンも解読に困ったことでしょ。。。表音か表意かもわからんだら、幾らロゼッタストーンがあっても。。。って感じです。

 

 

 

 

 

 

 

というか、4000年前の言語でありながら表音文字の特徴があるってすごいですよね。

 

 

 

 

 

 

 

大昔にクロマニョン人とかが壁画を描いたことから想像するに、人間って最初にモノを記録しようとしたときに、絵を使ったんですよね。

 

 

 

 

 

「目に見えるものを形にする」方が、「聞こえるものを形にする」よりよほどシンプルじゃないですか。写せばいいんだから。

 

 

 

 

 

 

 

そこから簡潔に表現できる文字(多分最初は象形とか、絵に近いやつ)に移行して、ある日「音を簡潔な文字で置き換えたら、いろいろ効率よいのでは」ということに気づいてアルファベットが誕生した、と。

 

 

 

 

 

 

 

そう考えれば、4000年前から表音文字の特徴を備えたヒエログリフがあったというのは超すごいことですし、さすが当時最先端のエジプト文明!という。

 

 

 

_________________

 

 

 

意外にも、ヒエログリフを読む(音をあてる)のはさして難儀なことではありません。

 

 

 

 

 

 

 

要は、一個一個の絵文字に、それなりの該当する音があり、その組み合わせで単語を表現します。

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180511015112j:image

 

 

 

 

このぐらいならすぐ覚えられます。アルファベット大体30個。英語と変わんない。

 

 

 

 

 

 

 

問題はここからです。ヒエログリフには、よく登場する文字だけで700ぐらいは(正確にいうと2,500らしいが、よくわからん)あります。これが、いわゆる表意文字鳥だったり、つぼだったり、巻物だったり、椅子だったり。後ろからくっついて、音の組み合わせに意味をもたらします。

 

 

 

 

 

音をあらわすアルファベットと、それを修飾する表意文字によって成り立ってるんです。

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180511015639j:image

 

 

 

 

面白いのが、例えば王様の墓にある蛇の表意文字には、背中に剣が刺さっていることが多いんだそう。

 

 

 

なんか悪そうなやつは退治しとけ、って感じだったんですかね。無機質なアルファベットの羅列に彩を添える表意文字これはなかなか奥が深そうです。

 

_________________

 

 

 

立ち読み開始からどのくらい経過したでしょう。文法のページに突入し、話がややこしくなってきたところで、ページをめくる手が止まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アラビア語そっくりな文法規則があるぞ

 

 

 

 

 

 

(具体的に書くとガチャガチャなるので割愛しますが)モノを所有するときに使う表現「私の」「あなたの」などの音およびシステムが、アラビア語そっくり

 

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180511015741j:image

 

 

 

 

え、これは偶然の一致なんかね。それにしてはきれいに被ってますし、ほかの文法のシステムも4年前にアラビア語の教科書で読んでたものにそっくりなのが多い。

 

 

 

 

 

 

 

Q.アラビア語ヒエログリフに関係があるのか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

めっちゃ時代は離れてますが、世界史の教科書をパラパラしてみるに、ヒエログリフを簡単にした文字が地中海を通してバーっと広がり、それがアラビア語に影響を与えたと言えなくもなさそうだけど....

 

 

 

 

 

 

 

とにかく、偶然とは言えそうにない一致度合いに、「これは卒論対象にできるかもしらん」と結局立ち読みのはずがヒエログリフの体系文法書を買ってしまいました、、、ありゃ、、、

 

 

 

 

 

 

 

正直覚悟はまだありませんが、「最も一致度合いの高い文法事項」に絞り、ヒエログリフからアラビア語まで関係ありそうな言語を遡ったら、ちょっと面白い結果になるんじゃないかなぁとか思ったり。(期待してるのは、どの言語にも同じ傾向が観測されること)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勿論、エジプトに居ながらそれ以外の言語にかまけて、アラビア語がさっぱりぱりなのは正直ださい話なので。ヒエログリフをちょこちょこやりながらアラビア語にも馬力をかけていこうと思ってます。

 

 

 

____________________________

 

 

 

ちなみにもうすぐラマダーンが始まります。同僚ムハンマドくんには「お前も断食せぇよ」と迫られてますが、個人的にはあまり乗り気ではありません。飯食いたいもん俺。なんか文句あっか。てか俺はイスラム教徒じゃねえ。

 

 

 

 

 

 

ぼちぼち本気で暑くなりつつあります。エジプトで日本の10年前のバンドの曲に耳を傾けながら、4000年前の言葉を紐解く不思議な夏がやって来そうな予感です。なんじゃそりゃ。しかしエルレガーデンは最高。今日は浸っていようと思います。では。

 

 

f:id:riku_drummer:20180511020103j:image

 

カルトゥーシュの話

みなさんこんにちはー

 

 

 

 

 

 

 

こちらはGW激務期間も終盤に差し掛かり、段々仕事も片付きつつあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

どうやらエジプトは夏に突入したらしく、カイロ近辺の最高気温は38℃前後を推移しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルも冷房が解禁され、どうしても涼しい部屋でダラダラしたいがために最近はちょっと外出が億劫になりつつあります。学校も無いし、やろうと思えば一日中部屋でだらだらできちゃうのよね、、、よろしくない、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何か外出の理由を作ろうと考えていたんですが、給料も入ったことだし何か買い物をしようと。真っ先に思いついたのがシルバーカルトゥーシュです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カルトゥーシュってのは、古代エジプトで使われていたヒエログリフの一種で、要はそういうデザインをアクセサリにしてしまおうっていうやつなんですが

 

 

 

 

 

これがなかなかお洒落で(?)意外とかわいい。こんなやつ

 

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180506014831j:image

 

 

 

 

 

 

本来はこんな感じで遺跡に象形文字が刻まれてて

 

 

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180506014908j:image

 

 

 

 

 

 

 

それをアクセサリにしたのがシルバーカルトゥーシュってわけです

 

 

 

 

 

 

 

これがホテルで12$で売ってて、

 

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180506014837j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

よくお客さんが買って帰るのを横目に見ながら、考えていたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Q.実際に店で買ったらいくらで買えるのだろうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12$は、はっきり言ってホテル価格です。そらそう。お客さんもそのつもりだとは思いますが一応。ホテルで注文を受けて、うちのエジプト人スタッフが外の店に買いに行くわけなので、絶対に利益が出るように高めの値段設定で12$のはずです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ僕は実際の値段は知りません。実は半額の600円とかで買えるんじゃないの?と思い、実験がてら前回に引き続き巨大市場ハーンハリーリへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

巨大市場って表現は別に過剰でもなく、とにかくすごい数の金属加工店があって、どこに入ればいいのかがまずさっぱりわからん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は日本でもエジプトでもべらべら話しかけてくる店員が大っ嫌いなので、一番客引き感の少なかった店に入り交渉開始。

 

 

 

 

 

 

 

 

店員「250ポンドだ(≒15$)

 

 

 

 

わし「いや、ホテルで12$で売ってんのにそんなにするわけあれへんやん

 

 

 

 

店員「分かった。150ポンドでどうや(値段の意味知ってるかね君)」

 

 

 

 

 

 

 

いつもの儀式的会話を繰り返し、何とか100ポンド(≒6$)まで値下げ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルで12$(倍の値段)で売ってること考えればそんなもんかね、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、ちゃんとヒエログリフで希望の名前を入れてくれます。文字数とかで若干値段は変わるんですけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

注文してから30分かけてオーダーメイドで作ってくれるんだし、これで600円ならいいか、ということでお互い笑顔で交渉成立(向こうも笑顔ってことはまだ多少値下げできたはずなのだが.....

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにこれはRIKU

 

 

 

 

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180506015237j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

(これもお土産バリエーションとして考えてますので、興味がある人は気軽に言ってください)

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに金のやつは2万円って言われました。これは多分本物の金なんだろう。18Kって書いとるし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エジプトのお土産は本当にピンキリなんですが、例えば職人が手で作った金属加工品や遊牧民の編み物、有名な画家の描いた絵のパピルスなんかは、〇万とかの世界の話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回買ったのは日本で中学生とかがジャラジャラつけてるあの安い類のシルバーアクセサリ(made in アルミ?ステンレス?)なんだと思われます。僕もジャラジャラつけてたなぁ(消したい遠い過去の話)

 

 

 

 

 

 

 

 

帰って初めて知ったんですが、銀は925とか900って刻印が入ってるのね.............一般常識の欠如................

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ帰るまでになんでもいいから一個エジプトの「本物」を買いたいね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことを考えながら30分経過。意外にも時間通りにカルトゥーシュが届き(エジプトで時間通りは奇跡)、無事600円で獲得。あれ、、、?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わし「これチェーンついてへんよ。ヘッドだけ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店員「なんだ、チェーン要るのか。別途150ポンド(10$)よ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やられた。。。。。。。詰めが甘かった。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「エジプトで買い物するときやサービスを受ける時は、全部要件を済ませてからお金を払う」これが基本なんですが、チェーンは完全に見落としてたね、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに帰ってからエジプト人スタッフに「あのカルトゥーシュいつも幾らで仕入れてるの?」って訊きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと75ポンド(≒4$)だそう。しかもチェーン込みで。100ポンドでカルトゥーシュだけ買ったって言ったらめっちゃばかにされました笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あー、俺まだエジプト人にはなれてへんなと思った瞬間でしたとさ。ちゃんちゃん。

4ヶ月が過ぎました(値下げの話)

みなさんこんにちは。(今回長いです)

 

 

 

 

 


怒涛の4ヶ月目もついに終了。最近は仕事ばっかしてましたが、GW予約もやっと落ち着いてきて、アラビア語に時間を割けるようになってきました。ふぅ。

 

 

 

 

 

 


考えてみれば4ヶ月って結構な長さよね。半年で留学終わる人もいると考えたら、まだまだ先は長いなぁ。ちなみに僕はいつまでエジプトにいるか自分でもいまだによく分かっていません😅

 

 

 

ちなみに先日登場したムハンマドくんは無事ひらがなを全部習得しました。おめでとう🎉

 

 

 

 

 

 


さて、4ヶ月目の反省を....と昨日携帯をガチャガチャしていたのですが、昨日来たお客さんを見てちょっと気が変わったのでその話を書きます。

 

 

 

 

 

 

 

 


そのお客さん、あるズボンを履いていたのですが。みなさん「タイパンツ」ってご存知ですよね?あのゆったりサラサラなだらっとズボンです。いかにも東南アジアっぽい、(そんなことない?)

 

 

 

 

 

 

 

 


あれ、基本的には幾何学模様とか、あとは象とか、花とか。柄に関してそういうのが多いと思うんですが、僕はずっと「これラクダのやつがあったら買うのになぁ」と思ってたんです。エジプトっぽいじゃないですか。欲しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしたら、なんとそのお客さんが風呂上がりにラクダ柄のタイパンツを履いてるわけです。🐪🐪🐪🐪

 

 

 

 

 

 

 

 


これは大事件です。エジプトに来て4ヶ月、ついにラクダ柄のタイパンツの存在が観測されました。(あくまで自分の中の話で、世間には普通なのかしら)

 

 

 

 

 

 

 

 

ロッコかどっかで買ったのかと思いきや「その辺のスークでちょっと探したらありましたよ」というからさらに驚き。

 

 

 

 

 

 

 


俺も明日買いに行こう😱

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで本日は、お土産市場として名高きハーンハリーリに、バスで行って来ました🌛

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはそのハーンハリーリの話をしておきましょう。ハーンハリーリは、カイロにある巨大市場です。実はそのエリア一帯が世界遺産(文化遺産だったかな?)に登録されている歴史あるエリア。お土産から日用品まで、ありとあらゆるものが露天に並べられていて、基本的にそこに行けば欲しいものは大抵なんでも手に入ります。

 

 

 

 

 

 

 


ただし、値札は殆ど付いていません。そう。値段交渉が必要になります😅

 

 

 

 

 

 

 


しかも、外国人の人には商人も超強気で出てきます。通貨の感覚が掴めんからね。元の値段の10倍とか平気でふっかけて来ます。まぁその話はまた後でするとして、とにかくエジプト人の商人気質の垣間見える、活気あるエリアなのです。

 

 

 

 

 

 

 


僕の住むダウンタウンからは、ミニバスで18円ぐらい。このミニバスがまた曲者で、7人乗りの車に9人ぐらい気合いで詰め込んで、尋常じゃない危険な運転で突っ走ります。速い速い。信号を守れ、そして命を守れ。

 

 

 

 

 

 

 

 

エジプト人はクラクションを楽器のようにパッパカパッパカ鳴らす傾向があるのですが、これミニバスに乗ると本当に気持ちわかります。鳴らしたくもなる。道狭いし歩行者多いし。こっちからしたら迷惑でしかないんだけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、ハーンハリーリに着きました。こんな感じです。

 

 

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180421220124j:image

 

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180421215928j:image

 

 

 


とにかく人が多くて、押さないと歩いてられません。身体が小さくてよかった。隙間にちゃっちゃと入っていけるので🌞路地を一本入ると、ちょっと人通りも少なくなってこんな感じ

 

 

 

 

 

 

 

 

 f:id:riku_drummer:20180421220211j:image

 

 

 

 

とにかく迷路。ものすごい数のお店です。奥に奥に進んでいくと、モスクがドーンと出て来ます。こういうのが遺産なんですね

 

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180421223625j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これがハーンハリーリです。すごいエネルギーですよ。エジプトパワー🇪🇬🇪🇬🇪🇬

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃなくて、僕はラクダのタイパンツが欲しいんでした。とりあえずそれらしいズボンを吊り下げてるお店に一軒ずつ入ってる話しかけて確認。

 

 

 

 

 

 


わし「あのさぁ、ゾウのはあるけどラクダのは?ラクダの置いてないの?」

 

 

 

 

 

 

 

商人「ラクダ?おまえラクダが欲しいんか。ゾウの方がクールだろ()」

 

 

 

 

 

 

 

 

ゾウの方がクール...?(´・ω・)

 

 

 

 

 

 

 

(ピンポンパンポーン)

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく、色んな店で「中国人かマレーシア人かどっちだ?」「ニーハオ、おう、日本人か。ニーハオ(勘違いにもほどがある)」など、エジプトあるあるの1つ「超どうでもいい国籍問答」を10回ほど各店舗で繰り返したところで

 

 

 

 

 

 

 

あー、ガマル(ラクダ)あるよ

 

 

 

 

 

 

 

 

見つけた~~~~~~~!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 


やっとラクダのタイパンツを発見。さぁ値段交渉です。

 

 

 

 

 

 

 


さて、最初の方に書きましたが、ハーンハリーリにある商品には値札が付いていません。値段は交渉次第。僕の見立てでは、タイパンツ一本300円ぐらいだろうということで、とりあえず50ポンドで勝負。(ちなみに、ポンドに6をかけると円になります)

 

 

 

商人「120ポンド(720円)だ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 


あー、だろうな。まずはそのぐらいからくるよね。ここで英語とか日本語を喋ろうものならおそらく300ポンドとかアホなこと言ってきますが、僕はやつらの土俵であるアラビア語でやってるので、ふっかけ額もまだマシな方です。

 

 

 

 

 

 

 

 


わし「こんなのどこでも50とかや😅」


ده بخمسين في كل حتة

 

 

 

 

商人「70までしか下げられんノォ😜」


لا،آخر كلام ده بسبعين

 

 

 

 

 

 

なめやがって......

 

 

 

 

 

 

 

 

 


さて、ここで将来エジプトに来る人のために(いるのか?)、エジプトでの値切りの方法と仕組みをまとめておきます。(あくまで自説です)

 

 

 

 

 

 

まず、商人の中では、およそ6段階の値段設定があります。商人の内心を顔文字で表現しています。

 

 

 

 

 

 

 


1.超ぼったくり額(最初)😜

→一番最初に言ってくる値段。およそ原価の5-10倍。例として200ポンドを設定。これに引っかかるのがご年配の方。負けないで、もう少し。最後まで走り抜けて。(?)

 

 

 

 

 

 

 

 

2.値下げ第一段階😜

→ちょっと交渉を試みると、この値段に落としてくる。値下げ第一段階。最初が200なら110とか120とか。一見、大幅に下がり得した気持ちにさせる。ただ忘れないで。ここでもまだ原価の4-5倍。つまり、10倍のふっかけから4倍ぐらいまで落とす。これはいわば完全に、値下げの「あそび」の部分。ここで下がったと勘違いしては絶対アウト。

 

 

 

 

 

 

 

 

3.「最終値下げだ!」😅

→ある程度粘るとここにくる。最初200に対し60とか70。こうなると、口ではなかなか勝てなくなる。ただ、ここで諦めたら負け。ここからが勝負。まずは諦めて帰るふりをする。すると呼び止めてくる。

 

 

 

 

 

 


4.引き止め値下げ段階😧

→帰ろうとすると「待ってくれ。これで頼む。」とさらに下げた値段で交渉を再開する。最初200に対し30-40ほど。この辺りから、こちらの大損では無くなってくる。それでもエジプト人が買うときに比べたらまだ全然高い。

 

 

 

 

 

 

 

5.複数買う段階😓

→ここまで例えば、最初200に対し30ポンドまで下がったときに「2個なら50ポンドになる?」ときくと、しぶしぶながら案外やってくれる。これで一個25ポンドまで下がる。結局、およそ最初の10分の1。物によるけど、このぐらいの感覚で値切れる。

 

 

 

 

 

 

 

 

6.ブチギレ段階😡

→値下げをしすぎると、ブチギレ始める。これは、元が取れなくなった証拠。これでは話にならない。ただ、最初わざとブチギレまで下げて相場を予測して、他の店でそれを試すとかは勿論できる。

 

 

 

 

 

 

 


この6段階です。ちなみに「ぼられた」というのは大体1-3段階を指します。

 

 

 

 

 

 

 

さて、僕のタイパンツの話に戻ります。

 

 

 

 

 

 

 


商人の言い値は120ポンド。ふっかけとしては可愛いものです。僕は目標40ー50ポンドで落としたい。

 

 

 

 

 

 


とりあえず、まずは値下げしていき(ここは、前述の通りあそこの店では〇〇ポンドとか、この色が欲しいのにないからこれならいくら、とか。とにかく屁理屈をコネまくって下げていきます)ついに帰るフリをする手前の70ポンドへ。さて、帰ります。

 

 

 

 

 


ちょっと待て待て、60でどうだ。

 

 

 

 

 

 

ほらきた。予定通り。あとは「2つ買うから100にして」これで1個50ポンドまで値切り達成です。

 

 

 

 

 

 

 


かくして花崎はラクダ柄タイパンツを色違いで2本手に入れました😜

 

 

 

 

 

 

 

値切り交渉のコツは、こっちからバシバシ値段を提案していくことです。向こうはプロ商人ですから、喋らせるとやっぱり上手いです。値段の落とし方もよく分かってて、こっちの心を掴むうまい値下げをしてきます。

 

 

 

 

 

 

 

特に例の200→120とかは強い。すごく安くなった気がするけど、彼らの中ではそこは保険(あそび)の値下げ部分ですからね。

 

 

 

 

 

 

 

 


あと、絶対に単位は言うようにしましょう。数字だけだと、値下げ後に「ドルだよ」とか言ってくるクソ野郎もいますので。

 

 

 

 

 

 

 


さて。花崎くん、目的のラクダ柄タイパンツを買って足取り軽くホテルに帰還。やっぱりサラサラゆったりで非常にQOLが上がります。長ズボンだから蚊にも刺されない。最高🌞

 

 

 

 

 

 

 

ラクダ柄タイパンツ欲しい人は何枚かお土産に買って帰りますので、ご連絡下さい🌞エジプト限定かは知らんけど🌞

 

 

 

 

 

 

 f:id:riku_drummer:20180421223835j:image

 

 

 

 

 

 

 

さ、着てみよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金のことばっか気にし過ぎてサイズのこと考えるの忘れてたww

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は身長160あるかないかぐらいで、さらに足も超短いので、ブッカブカタイパンツになっちゃいました😅ま、足首もウエストもゴム付きやからええか🌞(そもそもタイパンツってフリーサイズなんかな)

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんじゃ、5ヶ月目も楽しくやっていきましょい( ̄▽ ̄)مع السلامة🐫🐪

 

あいうえお経

みなさまこんにちは。

 

 

 

 

 

 

 


最近は強烈な出来事のない同じような日がずっと続いています。というのが、GWを前にしてツアーの予約メールが鬼のように入っててその対応に追われてるからなんですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


現地ホテルスタッフで日本語を書けるのは僕だけなので(話せる人はいるが書けない)、仕方なくずーっとPCの前に座ってカタカタカタカタやってるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メールでツアーの打ち合わせをして、空いてる航空券探したりして、請求書作って、旅程表作って、ほんでツアーを手配。どうですか?ちょっと旅行会社の人っぽい仕事してるかも(知らん)。10人ぐらい同時にやってるので目が回りそう。責任重大やからね。頑張らねば。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


あとはツアー手配をエジプト人任せにせず、自分で現地のツアー会社にアラビア語で電話を掛けれるようになったら完璧です。(あと数ヶ月でできるかなぁ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


とりあえずGWが終わるまでは休みを取ってダラダラしたりはできそうにありません。うーん、ワシかてルクソールとかアスワンに早く行って見たいのだが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、ここ数日、仕事中にタッグのムハンマド(20)と日本語を勉強しています。しかしこれがなんとまぁ大変なこと。日本語ってめちゃくちゃ難しいんです。下手したらアラビア語より難しいかも。いや、正確には、アラビア語と日本語の相性が悪いのかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、基本のあいうえお。アラビア語には「あ、い、う」までしか母音がないんです。その分子音が多いんだけどね。

 

 

 

 

 

 

 


「い」と「え」、「う」と「お」がそれぞれ一緒の音として認識されるので、これが超大変。

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、おはよう。

 

 超基本フレーズで、覚えれば毎朝お客さんとのコミュニケーションに使えますが

 

 

 

 

 

 

 


これがそれっぽい音を伴って「おはよう」「うはよう」「おはよお」「うはよお」「おはゆう」などになり得るのです。(ぜひ声に出してトライして見てください)

 

 

 

 

 

 

 

 


彼らには判断がつきかねるから余計に困りもの。uとoが脳の中で同じアラビア文字で認識されるからね。

 

 

 

 

 

 


そのためアラビア語で音を文字に起こそうとすると余計に厄介。読むたびにおはようの各パターンの発音が混ざって発動します。

 

 

 

すると結局

 

 

 

 

 

ありがとぅーぐざいまぁーす

 

うはゆーぐざいまーす

 

 

 

 

 

 

 


うーん。(出来損ないの客引きみたいだ...)

 

 

 

 

 

 

 

お客さんとのコミュニケーションのきっかけにはなり得るが、やっぱり文字と発音を一致させるべく、平仮名からやっていこう。

 

 

 

 

 

 

 

 

ささっとエクセルで50音表と平仮名プリントを作成。フラッシュカードも作って、ムハンマド(20)より僕の方がやる気満々。(こういうおせっかいは昔から大好き。承認欲求ってやつ)さあ、あいうえお。声に出しながら文字を覚え、発音と文字を一致させる作業。

 

 

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180412082158j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ムハンマド(20)これを気に入った模様で、「マイフレェェンド!!!」とよく分からん英語を連発しながら、僕が請求書を作る横でずっと「あいうえお」を連呼。

 

 

 

 

 

 

 


カタカタカタカタ(請求書を作成)

 

 

 

 

 


あいうえお

 


あいうえう

 

 

 

 

あいおえう

 

 

 

 

あいういう

 

 


あい、う?お?え、う

 

 

 

 

ァァァァァァァァ全然集中できねぇぇぇぇぇ

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし「挨拶とか色々覚えたいのは分かるけど、まずは発音と文字をくっつけるのが大事なんだよ(キリッ)」と偉そうなことを言った手前、「ちょっと君。その不完全な五十音のお経を仕事してる隣で唱えないでくれるかな」などと言えるわけもなく。仕方なしに適宜発音に訂正を入れながら仕事を続けることに。

 

 

 

 

 

 

 


カタカタカタカタカタカタ(旅程表作成)

 

 

 

 

 

 

 

あいうえお(ええやん)

 

 

 


あいうえ(お、だよ)

 

 

 

 


カタカタカタカタカタカタ

 

 

 

 

 


うえうぉ(どっから突っ込もうかなぁ)

 

 

 

 

 

 

あ、え、お、え、お(吐きそうなの?)

 

 

 

 

 


あいういう→(´・ω・)

 

 

 

 

カタカタ、、、カタカタ、、、

 

 

 

 

 


あ、い、お、え

 

 

 

 

 

 

 


(あいうえお経を聴きながら仕事はできない.........)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後も20分に渡りあ行-さ行のお経を聴き続け、その日は普通の仕事の300倍ぐらい疲れました....................

 

 

 

 

 

 

 

 

発音の次は文法(日本語は動詞の活用もパターンが多くてしこたま難しいと思う)の山場も続くので、僕がいる間に彼がどこまでいけるのか楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 


しかし言語学習というのは、時代が進んでも近道はありません。ほんとにこれは身に染みて実感します。やっぱり誰もが同じ辛い道を通るんです。ムハンマドを見ながら、自分のアラビア語に対する姿勢を静かに見直す花崎なのでした。(完)

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180412082834j:image

 

春がやってきました

みなさんこんにちは。

 

 

 

 

 

4月ですねー。日本は新生活。僕も普通に人生運んでれば今頃就職して今日から仕事だったわけなので、微妙に他人事ならぬところがあるんですが、、、みなさん頑張ってね😃僕もエジプトで頑張ります😃

 

 

 

 

 

 

 

さて、日本からバシバシ桜の写真が送られてきて春だな~ってなったわけですが、エジプトにも春の便りが届きました

 

 

 

 

 

 

 

 

砂嵐です

 

 

 

 

 

 

 

 


いやー、凄かったですよこの前のやつは。本当に何もない静かな夜だったんですが、突然強い風がビューって吹いたかと思うとホテルの中が一瞬で真っ白に。

 

 

 

 

 

 

 

 


僕は仕事中でホテルの中にいたのに、「何かがおかしい」って思うレベル。隙間風だけで部屋が白くなるんだから、外はもう大変。前が見えず息が苦しくなるレベルの砂嵐がやってきたのです。わーお。世界が白い。みんな大騒ぎで避難したり、露天の売り物にビニールをかけてます。(そしてかけたビニールは虚しくも一撃で風に飛ばされる)

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 


洗濯干しっぱなしだった😅

 

 

 

 

 

 

 

 

当然洗濯も真っ白。あーあもう一回洗濯。

 

 

 

 

 

 

 

こういう時に「自分はそういやエジプトで暮らしてたんだったな」って再確認します。逆にそのぐらいにはこっちの生活にも慣れちゃいました。たまに精神状態が悪くなったりすることもありますが、ぼちぼちやってます。

 

 

 

 

 

 


留学してた友達も言ってたんですが、エジプトでエンジン全開100%であれもこれもやるとほんまにしんどいんですよね。多分日本では心安らいでた部屋での1人の時間だったり、風呂の時間だったりが無いので、どこかでガス抜きをする必要があるんだなと

 

 

 

 

 

 

 


まぁ抜けっぱなしじゃ困るので、適度に息抜きしながらも留学期間の終わりを意識して目標は一個ずつ達成していきたいですね

 

 

 

 

 

 


さぁ、花粉がいいか砂嵐がいいか、なんとも言えない春の幕開けです。

 

 

 

 

 

 

 

4月。4月かあ。なんか嫌な響きだと思うのも理由がありまして、僕のビザ、4月9日までなんです。そうです。ビザ更新です。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は1人でモガンマァ(政府機関)に行き、ビザ更新にトライしてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

3ヶ月前の嫌な記憶が蘇ります。というのもブログでは細かく書かなかったのですが、前回のビザ更新には1週間という時間を要したのです。

 

 

 

 

 

 

 

いや、なんで1週間もかかるねん。毎回のように政府職員に文句を言われ書類を突き返され、何を言ってるかも分からんし。ただただ自分のアラビア語力の無さを痛感して帰る。こんな辛い作業が今まであっただろうか。そんなぐらいには面倒でした。

 

 

 

 

 

 

 

来て1ヶ月の僕に何ができるわけでもなく、結局警察に賄賂を渡して解決したんだけど(笑)、本当に悔しかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

政府職員の態度もクソみたいなもんで、もうこっちをイライラさせるのが仕事なんじゃないかってぐらいに態度が悪い。今回こそは一泡吹かせてやると。3ヶ月前の何もできなかった自分とは違うんだ。やっていくぞ。

 

 

 

 

 

 


さて、書類を書き終え(ペンとホッチキス忘れるもイエメン人と窓口の人からそれぞれ借りることに成功、これ何気に嬉しかった)、いざ窓口へ。

 

 

 

 

 

 


窓口にはボス的ポジションのメスゴリラがいて、あいつに捕まると残念ながらビザ更新はできません。3ヶ月前に学んだからね。顔もしっかり覚えていたので、例のメスゴリラの列は外れて他の列へ。

 

 

 

 

 

 


それにしても回転が遅い。遅すぎる。待つこと30分。もうすぐ順番が来る。そのとき。

 

 

 

 

 

 

يا أستاذ

 

 

 

 

 

恐れていたことが起こりました。そう、メスゴリラの列に人がいなくなり、開いた窓口から僕が呼ばれたのです。何で俺なんだ!!!!!!窓口にはメスゴリラ。いやもう、絶対に当たりたくなかったのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

ピンクのヒジャブから覗く意地悪そうな目。こいつだけは相手にしたくなかった。案の定じろじろ僕の書類に目を通して、ぐちぐち文句を言ってきます

 

 

 

 

 

 

「あと8日あるやん、何で今日来たの」

 

 

 

「明日来い明日」

 

 

 

 

 

 

 

いやいや、あと8日あるやんって言いながら明日来いって矛盾に気づけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ前回はこの段階で何を言われてたかさっぱりでしたが、今回は違います。3ヶ月の修行の成果。そう、リスニングが少しだけ前より上がってるので、相手の言い分をある程度理解できるのです。

 

 

 

 

 

 

هنا يأخذ وقت طويل وعشان كده جئت بدري! مرة الي فاتت خذت أسبوع

 

 

 

 

 

 

「ここめっちゃ時間かかるやん、前回なんか1週間かかったんやぞ」

 

 

 

 

 

 

 

文法はさておきこのぐらいのアラビア語ならなんとなくのスピードで生産できるようになってました(今日気づいた)。

 

 

 

 

 

 

 

すると職員、フンと鼻を鳴らしてバックをガサゴソ。なんだ。やるのかこら。それとも書類受理する気持ちになったか。うん?なんじゃその丸いのは。は?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ..............?

 

 

 

 

 

 

 


ってキウイ食ってんじゃねえよ🥝🥝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あろうことかメスゴリラ、キウイをバックから取り出して食事を始めました。これには頭にきた花崎、不本意なファウルを取られた時のサッカー選手のようなジェスチャーをして相手を挑発。しかしメスゴリラ、メンタル強し。キウイ食べ終わるまで目も合わせてくれない。つか皮食ってんじゃねえよ。

 

 

 

 

 

 

 


その後、メスゴリラとラリーをしていると、次第に周りのお客さんも応戦してくれ(並んでるのがめんどくさいのはあるし、多分アジア人っぽい外見の人がアラビア語でわめいてるのが面白かったんだろ)

 

 

 

 

 

 

كده مبسوط؟

 

 

 

 

 

 

 


なんと一発で書類受理!!!!!!!!!

 

 

 


やった!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 


その後のエジプトお家芸「たらい回し」に耐え、銀行と窓口を数往復。なんと1日で書類申請終わっちゃいました。明日にはビザ貰えるんだとかなんとか。

 

 

 

 

 

 

 

 


いやー、3ヶ月ぶりにビザ更新きて自分の成長を実感するとは思いませんでした笑

 

 

 

 

 


書類にささっと目を通すと

 

 

 

 

 

 


うん

 

 

 

 

 

 

 

3ヶ月?

 

 

 

 

 

 


俺6ヶ月って紙に書いて出したけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

また7月に来なあかんやん.............

 

 

 

 

 

 

 


これで人生最後だと思ったモガンマ戦、あと1回ありそうな予感です😅本当にエジプトの政府機関は嫌い.........

 

 

 

 

 

 

 

3ヶ月後の決戦に向けて、今一度アラビア語を磨き直そうと思った春の幕開けでした。

 

 

 

 

 

 

(ちなみに政府機関がうまく機能し始めたのは大統領選が終わったから説があり、今回の更新成功の理由が、僕が成長したからなのかは不明です😅)

 

 

f:id:riku_drummer:20180402043631j:image