日々の砂丘

正直に書く

ブィーン、ザクッ


みなさんこんにちは。

 

 

 

 

 

もう明日でエジプトに来て2ヶ月。わしって成長できてるんかいね...と最近の自分の行動を顧みております。

 

 

 

 

 

 

先月同様、1ヶ月を振り返るつまらない反省の一式は後日に書き揃えるとしまして、本日の話題。

 

 

 

 

 

 


髪を切りました。😎

 

 

 

 

 

 


エジプトに来て早2ヶ月、伸びた前髪が目にバシバシ入ってくるのが嫌で仕方なかったんです。これは切るしかない、と。

 

 

 

 

 

 

ところがどっこい、エジプトで髪を切った日本人の中で、ろくな結果になった人を見たことが無い。これはえらい問題です。

 

 

 

 

 

 

 


というのが、エジプト人の髪質は基本的ストロングパーマ。日本人のサラサラの髪の毛(特にストレート)をこちらの床屋さんが切り慣れてないという話。分からなくも無いですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 


かと言って、帰るまで1度も髪を切らないとなるとそれはそれで辛い。既に伸びたツーブロック部分がみっともない。前髪による視界の悪さもストレスフル。

 

 

 

 

 

 


「失敗したくなさ」と「スッキリしたさ」これを天秤にかけた結果、ツーブロックの部分を刈り直して、前髪と後ろを軽く切ってもらおうという話に自分の中でなりました。

 

 

 

 

 

 


いや〜チキったね。けどこれなら大失敗はしないだろうと。まだ日本で切って来た髪型は活かせるレベルです。だって俺、ホテルスタッフだもん。そんなみっともない髪型でお客様をお出迎(言い訳です)

 

 

 

 

 

 

というわけで床屋にやって来ました。この床屋、なかなか良いところ。普通その辺で30ポンド(約180円)で切れるところを、外国人の住むザマレク地区までわざわざ2キロ歩いてね。やって来たサロンは意外と綺麗。さすが外国人向け。

 

 

 

 

 


100ポンド(600円弱)払ってさぁカット開始。(ダウンタウンの相場の3倍です、いかに自分がビビってたかよく分かります。ちなみに100ポンドあったら余裕で3日生活できます。)

 

 

 

 

 


どうすんだ、って言うので、髪をかきあげてツーブロ部分を指差して「ここ、短く」とアピール。「あと前髪。目の下ぐらい。後ろもちょっと。」おぉ、2ヶ月でアラビア語ちょっとは成長したやんけ。写真も使いながらなんとか説明。

 

 

 

 

 

 

すると理容師、髪を眺めて「うーん....」といかにも切りづらそうな表情(悪かったなストレートで)。全体を見渡したのち、おもむろにバリカンを取り出すと、いきなり後ろからブィーン....

 

 

 

 

 

  

ちょちょちょちょ待って待って

 

 

 

 

 

 

 


まずそもそもアタッチメントとか長さとかなんも相談してない。そしていきなり後ろからバリカンかい。容赦ないかよ。

 

 

 

 


ブィーンブィーン

 

 

 

 

 

 


うわ〜後ろめっちゃジョリジョリ削ってるよ.....................

 

 

 

 

 


続きまして両サイド。「これで良いの?」って言いながら適当にピンで髪を固定、ツーブロ部分をブィーン。ここも長さ確認無し。飄々と3ミリで刈り上げていきます。

 

 

 

 

 

 

(ここまでわずか5分ほどです)

 

 

 

 

 

 

 

ふぅ〜と一息つく理容師。あの、今のところバリカンしか使ってないんですけど。大丈夫?鋏使える?安いとこの3倍払ってんだから良いとこ見せてや?

 

 

 

 

 


「よし、前髪やるぞ」دلوقتي قدامك

 

 

 

 

 

 

 

スッと鋏を取り出す理容師。そうそう、それだよ。君。前髪バリカンで刈るわけいかんからね笑 頼むべ。わし髪の毛、右流しだからね。右はちょっと長めに残して左を短.......

 

 

 

 

 

 

ザクッ(必殺水平線カット)

 

 

 

 

 

 

 


!?!?!?!?!?!?!?

 

 

 

 

 


鋏、横に入れる!?!?!?

 

 

 

 

 

 

えええええايييييييييه!؟

 

 

 

 

 

「これでいいか?」كده كويس؟

 

 

 

 

 

 


いいか?じゃねぇよ!!!!!!!!!!

 

 

 

 

その後、髪をシャンプー(洗面台に頭を突っ込まされガシガシやられる苦行)され、ドライ(とにかくドライヤーが近くて熱い)で終了。

 

 

 

 

 

 

 

ドライの時に「どっちに流すの?」って訊かれましたが、いや君、それを考えて前髪を切ってくれと1000万回ぐらい言いたい。

 

 

 

 

 

 


泣く泣く100ポンドを払ってホテルに帰還しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまで所要時間25分。(床屋に入ってお金払って出るまで)

 

 

 

 

 

 

 

 


ホテルに帰ってスタッフに「髪切ったんだよね〜」って見せると一言。

 

 

 

 

 

 

あぁ、形が鳩みたいだね。

 

 

 

 

 

 f:id:riku_drummer:20180218043429j:image

 

 

 

 

 

 

 

いや、誰が平和の象徴や。

 

 

 

 

 

 

髪伸びるまでヘッドバンドとお友達になります。。。

 

 

 

 

 

 


写真は最近見つけたちょっとそれっぽい路地です。2ヶ月目お疲れ自分。明日はビールでも飲んで、その後振り返って反省して、3ヶ月目頑張っていきます。

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180218043431j:image