日々の砂丘

正直に書く

甘ったれーる回

 


明日はエジプトの大統領選挙。

 

 

 

 

共和国の皮を被った軍事国家エジプトの大統領選挙は、大統領の支持率97%という驚異的な数値を叩き出す(あり得ない)ちょっと滑稽なものです。そこまでせんでもよかろうに。笑

 

 

 

 

 

そんな選挙に国民が納得する筈もなく、かと言って「納得できません!」とか言おうものなら牢獄にさようならなので、口を閉ざして投票。その中身に関係なくすべてが改ざんされ、エジプトという国は敷かれたレール通りに(?)進んでいくのです。

 

 

 


声を上げる若者たちのデモ、そして何よりテロの声明が出ているので、明日は1日外出禁止。あー、こんなに気分が乗らない日に、よりによって外出禁止かい。


_____________________________

 

 

 

 


みなさんこんにちは。

 

 

 

 

 

 

 

 


今なんとなく、自分の精神状態がごちゃごちゃしてて、言葉で纏めれれば本質が見えてこの状況を突破できるのかなぁと思い仕事中こんなことをしているのですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ日記だし。後から見返してこの時しんどかったなって思えたらそれはそれでいいのかなと思ったり

 

 

 

 

 

 

 

 

 


さて、留学した人はこんな道を誰もが通るのか、はたまた自分があまちゃんなのか分かりませんが、アレクサンドリアから帰ってきて以降、なんか力がふーっと抜けて、なぜか気合いが入らない日々が3日ほど続いてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

特に理由はありません。1ヶ月ほど前から朝は7時に起きて毎日走ってます。夜は12時半には寝てる。体調はインド腹事件以降一回も崩してません。日本にいる時より俄然健康なのではないかというぐらいに。

 

 

 

 

 

 

 


けど、なんか力が入らない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アレクサンドリアに行く前から不調は微妙に感じていたので、「休暇を取ればマシになるだろう」とは思っていたのですが。いや、身体が悪いわけではないのです。なんというか、ずっと眠くて、何より勉強に手が進まないというか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この前は原動力がどうこうのしょーもない文を書いたのでそれを見返してその通りにやろうとするも、なんかうまく行かない。

 

 

 

 

 

 

 

 


こういう時はつべこべ言わずにとりあえず勉強道具を手に持って眺める....大体、勉強を始めるまでは億劫で、やってみるとサラサラ始まるもんなんだ。高校の頃に良くやってたなぁと思いながら取り出すも、気力が出ない

 

 

 

 

 

 

 

 


脳に騙されてるのか。甘えてるのか。

 

 

 

 

 

 


僕は元々は水泳でゴリゴリ自分を追い込んできたタイプの人間なので、その気になれば比較的自分を律するのは得意な方(だと自分では思っている)なのですが

 

 

 

 

 

 

 

 


なんだこれは。スランプか。

 

 

 

 

 

 

 

 


いやまぁ、無理もないのかもしれないな。そもそもアラビア語を勉強してて「圧倒的に楽しい」って思ったことは多分一度も無くて。

 

 

 

 

 

 

 


とりあえず今は、具体的な目標というよりは、いつか役に立つかもしれないし、せっかくエジプトにいるし、なんか変わるかもしれないぐらいの淡い期待とともに勉強をしていて(だからお客さんが「なんでアラビア語勉強してるの」って訊くのも、どうしようもない質問ながら仕方ないような気もする)

 

 

 

 

 

 

 

 


水泳のタイムや高校の勉強みたいに数字で測れるわけでもない語学学習を、特に強い気持ちを持つことなく進めていれば、ちょっと気持ちがマイナスに傾いただけで立ち所にやる気が失われるのは真っ当な結果なのかもしれません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言っても仕方ないのは百も承知で、それでも形にして自覚するために書くとするなら、無力感がすごい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


1ページやっと読み終えて次をめくると知らない単語の嵐。

 

 

昨日覚えたはずのフレーズが口をついて出てこない

 


1個覚えたら3個忘れてる気になる

 


口語をやれば文語、文語をやれば口語がそれぞれ分からなくなる

 


外に出ても中国人中国人。アラビア語で切り返しても英語で日本人。

 


単語が聞こえてもパッと意味が出ず、置いて行かれる。

 

 

ホテルスタッフ内の雑談にさっぱりついていけず、意味不明なヘラヘラで誤魔化す。

 

 

 


せっかくアラビア語で話しかけても英語で返ってくる。

 

 

 

挙げ句の果てに英語で話そうとすると、そんな時に限ってアラビア語がひょっこり顔を出して邪魔をする。英語すら忘れかけてきてる。

 

 

 

 

 

 

 


結局、世の中の尺度に照らし合わされると英語が優勢なのは自明のこと。英語もろくに話せない外国語学部生なんてどうしようもないのに、それすら落ちてきていることだけが実感としてのしかかる

 

 

 

 

 

 

 


僕はなにをしてるんだ(なにをしてるんだ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか頑張ってやっても、テストの点数や競技のタイムみたいに実感として返ってこない。「たった3ヶ月でなにが実感だ、甘えんな」って自分でも分かってるんですけど、、、、なんだかねぇ。4年続けてやってこなかったツケは3ヶ月でひっくり返るようなもんではないのです。いや一応それなりにはやったんだけど。

 

 

 

 

 

 


こういう気持ちになった時に助けになってたドラムがエジプトにはない。ギターはあるけど、一度お客さんにうるさいって言われてからは遠慮せざるを得なくなった。1人で音楽を聴いても、バンドしたい気持ちが強くなるだけ。心があの頃に帰ってざわざわして、それで終了。練習パッドで気持ちを鎮めるにも限界がある。そしてカラオケがない。

 

 

 

 

 

 

 

 


もう書きながらアホらしい。大概は自分の甘え。考え方次第できっと前向きに捉えられる事象の数々。多分3ヶ月前よりは確実に成長してると思うし。それでも、それを前向きに捉えるだけの余力というか気力がなぜか出てこない。

 

 

 

 

 

 

 

 

最初の1、2ヶ月の無敵状態はどこに影を潜めたのか、そんな考えても仕方のない事に2、3日ほど思考を支配されているのです。我ながら恥ずかしい。何するためにバイト代叩いてこんなとこで住み込みで働きながら勉強してんだ。いやそれが分からんから困ってるんか。

 

 

 

 

 

 

 

 


自分のせいとはいえこのタイミングで23万無くなるし。いつ卒業するか、卒論そもそも何書くんや。いつ就職すんのか。いや就職したいんか。なんも分からん。なんも。

 

 

 

 

 

 

 

 


特にこんな話をできる人も現地にはいないので、結局こんなところに書き殴ってちゃんちゃんなのです。友達作れって話?学校も行ってない、留学してる誰かとシェアハウスをしてるわけでもない、現地に同級生すらいない僕は、数日おきに入れ替わるドミトリーの住人とちょっと身の上話をする程度。こういう環境ですぐに人と仲良くなれる人が羨ましい。僕はとってもそういうのが苦手。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コミュ障なんですよね。肩書きがあれば幾らでも喋れるんですけど。「ホテルスタッフと客」「面接官と就活生」「スイミングコーチと生徒」「ヒッチハイカーとドライバー」こういう枠を与えられたら幾らでもコミュニケーションが取れるのに、友達ってなると本当に距離を取るのが僕は苦手。だから人と仲良くなるのに時間かかるし、未だに腹割って話せる人も沢山はいない。そしてFBとかこんなとこに本音を投げ捨てていく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


そんな僕が特に関係性もないエジプト人や、ホテルで一緒に生活する人の素性にズカズカ踏み込んで行ってコミュニケーションを取れるかというと、やっぱ難しい。無理やりノリでやっていくことはあっても、話が続くかは別の話。言語能力以上に度胸に乏しいって話です。たまに合うお客さんがいらっしゃることはあっても、稀。そしてそういう人に限ってスッと去っていくのです。

 

 

 

 

 

 

 

それもこれも、全部自分の意識次第でひっくり返したり、いい方向に持っていけるのは分かってる。大体感じてることも、今まで感じて来たしんどさと変わらない。けどなんだ。なんか重い。海外にいるからなのか、なんなのか。気持ちなのか。考えすぎか。

 

 

 

 

 

 


はぁ

 

 

 

 

 


にしても汚い文書

 

 

 

 

 

 

 

けど少しだけスッキリした気もする

 

 

 

 

 

 

 

これ全部アラビア語で書いてみる?

 

 

 

 

 

 

 


そしたらちょっとはいい気分になるかな

 

 

 

 

 

 

 

 

あーあ。

 

 

 

 

 

 

 

そんな回もあるってことで。

 

 

 

 

 

 


花粉症が無いのが唯一の救いですが、そろそろ砂嵐の季節です

 

 

 

 

 

 

 


結局マスク生活かい(´・ω・)

 

 

 

 

 

 

 

 


砂塵に吹っ飛ばされないように、足元から固めて気合いを入れ直したいところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

勢い任せに飛び出して来たエジプト。この迷ってる感じ、実は将来には良いのかもしれません。後の人生の肥やしになると思って今は乗り越えていきたいところです。

 

 

 

 

 

エジプトみたくレールに敷かれた人生歩むよりマシか、って。それとも心拍数を180ぐらいまでぶち上げてくれるようなテロなりデモなりが人生の中で起こってくれてもいいんだけど。刺激に飢えてるんかもね。にしてもバイク乗りてぇ。

 

 

 

 

 

とりあえず腐らずやっていきたい

 

 

 

 

 

アレクサンドリアのレール

 

 

f:id:riku_drummer:20180326041658j:image