エジプト住み込み記

エジプトに やってきた

あいうえお経

みなさまこんにちは。

 

 

 

 

 

 

 


最近は強烈な出来事のない同じような日がずっと続いています。というのが、GWを前にしてツアーの予約メールが鬼のように入っててその対応に追われてるからなんですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


現地ホテルスタッフで日本語を書けるのは僕だけなので(話せる人はいるが書けない)、仕方なくずーっとPCの前に座ってカタカタカタカタやってるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メールでツアーの打ち合わせをして、空いてる航空券探したりして、請求書作って、旅程表作って、ほんでツアーを手配。どうですか?ちょっと旅行会社の人っぽい仕事してるかも(知らん)。10人ぐらい同時にやってるので目が回りそう。責任重大やからね。頑張らねば。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


あとはツアー手配をエジプト人任せにせず、自分で現地のツアー会社にアラビア語で電話を掛けれるようになったら完璧です。(あと数ヶ月でできるかなぁ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


とりあえずGWが終わるまでは休みを取ってダラダラしたりはできそうにありません。うーん、ワシかてルクソールとかアスワンに早く行って見たいのだが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、ここ数日、仕事中にタッグのムハンマド(20)と日本語を勉強しています。しかしこれがなんとまぁ大変なこと。日本語ってめちゃくちゃ難しいんです。下手したらアラビア語より難しいかも。いや、正確には、アラビア語と日本語の相性が悪いのかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、基本のあいうえお。アラビア語には「あ、い、う」までしか母音がないんです。その分子音が多いんだけどね。

 

 

 

 

 

 

 


「い」と「え」、「う」と「お」がそれぞれ一緒の音として認識されるので、これが超大変。

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、おはよう。

 

 超基本フレーズで、覚えれば毎朝お客さんとのコミュニケーションに使えますが

 

 

 

 

 

 

 


これがそれっぽい音を伴って「おはよう」「うはよう」「おはよお」「うはよお」「おはゆう」などになり得るのです。(ぜひ声に出してトライして見てください)

 

 

 

 

 

 

 

 


彼らには判断がつきかねるから余計に困りもの。uとoが脳の中で同じアラビア文字で認識されるからね。

 

 

 

 

 

 


そのためアラビア語で音を文字に起こそうとすると余計に厄介。読むたびにおはようの各パターンの発音が混ざって発動します。

 

 

 

すると結局

 

 

 

 

 

ありがとぅーぐざいまぁーす

 

うはゆーぐざいまーす

 

 

 

 

 

 

 


うーん。(出来損ないの客引きみたいだ...)

 

 

 

 

 

 

 

お客さんとのコミュニケーションのきっかけにはなり得るが、やっぱり文字と発音を一致させるべく、平仮名からやっていこう。

 

 

 

 

 

 

 

 

ささっとエクセルで50音表と平仮名プリントを作成。フラッシュカードも作って、ムハンマド(20)より僕の方がやる気満々。(こういうおせっかいは昔から大好き。承認欲求ってやつ)さあ、あいうえお。声に出しながら文字を覚え、発音と文字を一致させる作業。

 

 

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180412082158j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ムハンマド(20)これを気に入った模様で、「マイフレェェンド!!!」とよく分からん英語を連発しながら、僕が請求書を作る横でずっと「あいうえお」を連呼。

 

 

 

 

 

 

 


カタカタカタカタ(請求書を作成)

 

 

 

 

 


あいうえお

 


あいうえう

 

 

 

 

あいおえう

 

 

 

 

あいういう

 

 


あい、う?お?え、う

 

 

 

 

ァァァァァァァァ全然集中できねぇぇぇぇぇ

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし「挨拶とか色々覚えたいのは分かるけど、まずは発音と文字をくっつけるのが大事なんだよ(キリッ)」と偉そうなことを言った手前、「ちょっと君。その不完全な五十音のお経を仕事してる隣で唱えないでくれるかな」などと言えるわけもなく。仕方なしに適宜発音に訂正を入れながら仕事を続けることに。

 

 

 

 

 

 

 


カタカタカタカタカタカタ(旅程表作成)

 

 

 

 

 

 

 

あいうえお(ええやん)

 

 

 


あいうえ(お、だよ)

 

 

 

 


カタカタカタカタカタカタ

 

 

 

 

 


うえうぉ(どっから突っ込もうかなぁ)

 

 

 

 

 

 

あ、え、お、え、お(吐きそうなの?)

 

 

 

 

 


あいういう→(´・ω・)

 

 

 

 

カタカタ、、、カタカタ、、、

 

 

 

 

 


あ、い、お、え

 

 

 

 

 

 

 


(あいうえお経を聴きながら仕事はできない.........)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後も20分に渡りあ行-さ行のお経を聴き続け、その日は普通の仕事の300倍ぐらい疲れました....................

 

 

 

 

 

 

 

 

発音の次は文法(日本語は動詞の活用もパターンが多くてしこたま難しいと思う)の山場も続くので、僕がいる間に彼がどこまでいけるのか楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 


しかし言語学習というのは、時代が進んでも近道はありません。ほんとにこれは身に染みて実感します。やっぱり誰もが同じ辛い道を通るんです。ムハンマドを見ながら、自分のアラビア語に対する姿勢を静かに見直す花崎なのでした。(完)

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180412082834j:image