日々の砂丘

正直に書く

シナイ山の話、これから

 

 

連投連投~~~~~

 

 

 

 

記憶が色褪せる前に写真を整理してガリガリまとめていきます。夜登山だったので前半は写真無いです。つまらん文です。ピャーッと飛ばして是非写真だけ見てください、、、

 

 

 

 

 

 

 

例のエキサイティングバギーツアーから4時間、ぎゅうぎゅうのミニバスに詰められて、向かった先はシナイ山です。

 

 

 

 

 

 

 

 

シナイ山といえば、モーセ十戒を授かったユダヤ教始まりの地。岩肌には木など一本もなく、ただただ荒野の中に佇む岩山という感じ。たまらん。

 

 

 

 

 

 

日本人(というかアジア人)は僕だけで、ブラジル人、フランス人、オランダ人、エジプト人と10人で参戦。

 

 

 

 

 

 

装備もペラペラだったのでめちゃくちゃ不安でした。寝てないし。(バギーツアー後に寝ようとするも脳が興奮してて眠れない)

 

 

 

 

 

 

不安というのもそのはず。前にちらっと書いた通り、昨年ソロ富士山にて下山時にすごい霧が発生。森に迷い込み、熊出没注意の看板を見た時に、人生で初めてこれは死ぬかもしらんと本気で思ったことがあり(携帯に色々メモしたぐらいには死ぬかもと思った)

 

 

 

 

 

 

山は舐めてかかると死ぬぞと

 

 

 

 

 

 

 

 

絶対にコンディション整えて、誰かと一緒に登らなあかん、と

 

 

 

 

 

 

今回は10人チームなのでまぁなんとかなるか、と思いながらも、深夜登山でライト無しは不安すぎる、、、(何も学んでいない)

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、5箇所ぐらいある検問も通過。本当に日本のパスポートってのは偉大で、見せるだけで「はいどうぞ」エジプト人とブラジル人はなんかやたらとチェックされてたな。

 

 

 

 

 

 

 

 

深夜のシナイ山到着。写真欲しかったけど、暗くて何も見えない。とにかくでかい何かに囲まれてることは雰囲気でわかる。

 

 

 

 

 

 

麓にはポンチョを売りつける商人たち。「寒いから」と莫大な額でポンチョを売る。(ただ、これが意外に可愛いシナイ山限定デザインで若干欲しくなる笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

登山開始。

 

 

 

 

 

 

 

 

シナイ山は、危険を伴うためガイド無しでの登山が禁止されてます。

 

 

 

 

 

 

ところが。やってきたガイドはどう見ても50-60歳のヨボヨボおじいさん。足元はサンダル、ペラペラ装備。

 

 

 

 

 

 

英語もすっからかんなので、仕方なくアラビア語で説明を受け、分からない人に英語で通訳。しんどかったらラクダに乗れ。歩けるやつはワシについてこい。そんなこと言ってた。

 

 

 

 

 

 

 

登山開始して気づいたけど、ライト必要ありませんでした。というのもその日はバッチバチの満月。月の光が荒れた岩山を神々しく照らし出します。あっぱれ自然の力。

 

 

 

 

 

 

登ってると、ラクダ小隊が道を行き来。脱落した登山者が超高額なチップを払ってラクダに運ばれていきます。(ギザでの相場が100ポンドに対し、ここは250ポンド。およそ2.5倍なのです)

 

 

 

 

 

 

 

俺は絶対こいつらには乗らんぞ

 

 

 

 

 

 

 

 

気合を入れ直して、とにかく無骨な山を黙々と登っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

開始30分後

 

 

 

 

 

 

明らかにガイドのペースが落ちる。え?どした?と思いきや

 

 

 

 

 

「ちょっと疲れたしタバコ吸うから先行っといて」

 

 

 

 

 

 

君、ガイドって何か知ってる???

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところがブラジル人、エジプト人「へいへーい」って感じでどんどん進んで行く。国民性なのか?南米アフリカの人は適当なことに対する寛容さがすごい(偏見?)

 

 

 

 

 

 

 

 

結局ガイドを待たずに再発進()。山が危険だからついてるガイドなのにガイド置いてく。

 

 

 

 

 

 

(ツアー代160ポンドでちょっと安すぎると思ってたら、後から考えればおそらくそういうこと。ガイドが料金に含まれてないやつ。)

 

 

 

 

 

 

 

 

仕方なく10人で登山。フランス人のおばあちゃんがアラビア語ペラペラで、喋りながらゆったり一緒に登ります。ブラジル人はタフで、すぐ見えなくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

シィィィィィィン

 

 

 

 

 

 

コッコッコッコッ

 

 

 

 

 

 

 

 

バギーの時以上の静けさ。たまに地面をふみ鳴らすラクダの足音が横を通り過ぎていきます。

 

 

 

 

 

 

 

月がとにかく綺麗。月から離れたところに、星。電灯は一本としてありません。あるのは月光、静けさと岩山のみ。

 

 

 

 

 

 

 

めちゃくちゃ綺麗。。。。

 

 

 

 

 

 

時にすごい数の岩の階段が現れたり、これ登るの?って坂が出てきたり。

 

 

 

 

 

 

 

ぼちぼち登るにつれて、オランダ人が消え(速い)、ブラジルが消え(もっと速い)、エジプト人が消え(ラクダ乗りやがった)、とうとう一緒に登ってたフランス人おばあちゃんも疲れて休憩するからと消え....

 

 

 

 

 

 

 

気づいたら1人、黙々と歩きながらモーセの足跡を辿る。

 

 

 

 

 

 

寝てないのもあってなんか逆にハイ。もう覚えてないけどよく分からないことに感動しながら、一歩一歩登っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

途中、富士山みたいに山小屋があって、コーヒーだのチャイだのをカイロの6倍ぐらいの値段で売りつけてきます。寒さを逆手に取ったいい商売。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2時間後、ちょっと空が白んできました。やばい。山頂で日の出が見たい。ペースを上げて、ラスト800段の石階段を急ぎます。(試練の階段)

 

 

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180601202206j:image

 

 

 

この辺からやっと写真が撮れる明るさになってくる。4時ぐらい?

 

 

 

 

明るくなるにつれ、自分の登ってきた道、そしてこれから進む道が徐々に見えてくる。

 

 

 

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180601202531j:image

 

 

 

 

 

す、すげぇ。

 

 

 

 

 

 

 

こんなとこ来てたんか。

 

 

 

 

 

 

ラスト200段、もう勢い勝負。

 

 

 

 

 

なんとか2時間半で登頂。まだ山頂の1番眺めがいいとこが空いてそう。めちゃくちゃ寒いけど、最後の力を振り絞って岩を駆け上がる

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180601202815j:image

 

 

 

 

 

あそこがゴール。多分1番高いところ。

 

 

 

 

 

 

 

ユダヤ教徒と思われる人たちが、聖歌を歌ってます。毎度のことながら周りが見えずにギャーギャー騒ぐ中国人たちをよそに、徐々に山の全貌が見えてきます

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180601203024j:image

 

f:id:riku_drummer:20180601203051j:image

 

 

 

 

な、なんだこれは、、、、

 

 

 

 

 

 

 

この辺りから、身体の疲れと頭の疲れも相まって全く処理が追いつかなくなる。時間の経過とともに露わになる岩山の世界に、ただただ「うわぁぁ...」しか言えない。

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180601203243j:image

 

 

 

 

ちょっとずつ、でも確実に日が昇りつつあるのを感じる

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180601203306j:imagef:id:riku_drummer:20180601203333j:image

 

 

 

そして

 

 

f:id:riku_drummer:20180601203353j:image

 

 

 

 

 

ついに日の出。一気に世界が明るくなる。歓声。夢中にシャッターを切る人、聖歌を歌う声が一段と強まる。

 

 

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180601203541j:image

 

 

 

 

ついに姿を現した周囲の岩山。なんじゃこりゃ。この世のものなのか。頭が疲れてて何も分からんまま、ただただ広がる世界に圧倒されます。

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180601203716j:image

 

f:id:riku_drummer:20180601203728j:imagef:id:riku_drummer:20180601203742j:image

 

f:id:riku_drummer:20180601203853j:image

 

 

 

空が明るくなるにつれて、岩の存在感も増してきます。すごいコントラスト。

 

 

 

 

 

 

遅れて来たフランス人おばあちゃん涙。そら感動もする。

 

 

 

 

 

 

 

1時間後、下山。かなり寒かったけど、日が出てからはむしろ暑さとの戦いです。寝てない分、そして山頂で冷えたぶん身体が動きません。

 

 

 

 

 

 

 

足がガクガクだ、、、「こういう感覚を膝が笑うって日本語で言うんだよ」ってエジプト人とフランス人に教える。その感覚を登頂したみんなで共有しながら、下山。

 

 

 

 

 

 

 

夜には見えなかった、自分たちの通った道の全貌

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180601204327j:imagef:id:riku_drummer:20180601204339j:imagef:id:riku_drummer:20180601204357j:image

f:id:riku_drummer:20180601204419j:image

f:id:riku_drummer:20180601204531j:imagef:id:riku_drummer:20180601204552j:image

 

 

 

 

どこまでも無骨でパワフル

 

 

 

 

 

なんとか下っていきます

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180601205239j:image

 

 

 

この下山がまた曲者。寒さと山頂での変な休憩のせいで、身体が固まってしまうんです。疲労もピークで、次々と脱落した人が超高額ラクダに乗せられて下っていきます

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180601204723j:image

 

f:id:riku_drummer:20180601204731j:imagef:id:riku_drummer:20180601204741j:imagef:id:riku_drummer:20180601204749j:image

f:id:riku_drummer:20180601205117j:image

 

 

 

 

 

どや、俺は要救助者を運んでんねん😏

 

 

 

 

 

 

 

とでも言いたげなラクダのドヤ顔

 

 

 

 

 

 

一瞬心揺れるも、なんとか喝を入れて下山。帰りは2時間ぐらい。膝がガタガタ。登山する前はちゃんとトレーニングしような、、、、

 

 

 

 

 

 

下山後は麓にある世界最古の修道院、サントカタリーナにお邪魔....の筈なんだけど、ここで力つきました。写真一枚も撮ってないし、なんなら修道院の中あんま記憶ない。みんなじっくり見てる中、僕だけ30分で抜けて外で爆睡。。。。(本当に恥ずかしい)

 

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180601205503j:image

 

 

 

 

 

 

しかしすごい山やった。山頂に登っての感想はカッパドキアマチュピチュ足して2で割った感じ」(どっちも行ったことないけど)

 

 

 

 

 

 

 

とにかく、雄大で規模が違います。

 

 

 

 

 

登った後に自分の来た道が見えてくるのもドラマチックで⭕️

 

 

 

 

 

夜登山も、普段とは違った雰囲気だし静かで、1人色々考えて面白かったです。

 

 

 

 

 

 

 

日の出の瞬間は忘れがたいものになりました

 

 

f:id:riku_drummer:20180601205748j:image

 

 

f:id:riku_drummer:20180601205813j:image

 

 

f:id:riku_drummer:20180601212809j:image

 

 

 

 

 

日本帰ったらバイク買い直して、いろんな山登りたいな~~~~~~

 

 

 

 

 

 

 

海、山、日の出、夕日、砂漠.......... 

 

 

 

 

 

 

とかく自然を思いっきり満喫したダハブ滞在でした。

 

 

 

 

 

バックパッカーのリゾートとして、1日何もせず沈没する人数多のダハブですが、ちょっと足を伸ばせばこんなにエキサイティングな体験ができてしまいます!

 

 

 

 

 

 

 

(ちなみに)

 

 

ダイビングライセンス→350ドル

シナイ山→10ドル

バギー→12ドル

 

 

 

 

 

ですので参考までに。

 

 

 

 

 

さぁ、休暇も終わって今日からカイロで仕事です。実はもうエジプト滞在も3-4ヶ月しか残っていません。大変。

 

 

 

 

 

やり残すことの無いよう、そしてアラビア語スキルだけでなく人間としても成長できるよう、残りしっかりやっていこうと思います。でかい人間になろう!

 

 

 

 

 

 

 

(ちなみにはぐれたガイドは7合目のとこでブラジル人とチャイ飲みながら待ってました。ほんまエジプト人のこういうところなぁ。嫌いじゃないけど。)

 

 

 

 

f:id:riku_drummer:20180601210458j:image