日々の砂丘

正直に書く

連投③ 乗合バスの戦い

(これで終わります)

 

 

 

日本人の印象は、世界の国によって違います。

 

 

 

エジプトにいて日本人のイメージがどうかというのは、一概に言える話ではありませんが、僕の肌感覚だと「礼儀正しい人」「中国人よりいい」といわれることが多いです。

 

 

 

 

 

それに次いで多い回答が「スズキ!ホンダ!ニッサン!グッドカー!べりーぐっど!!!!」これですね~

 

 

 

 

 

 

それもそのはず。エジプトにてそこらじゅうを交通ルールガン無視で爆走するミニバスをみると、ほとんどがスズキのミニバンの型落ち。日本で車検に引っかかる車でもエジプトなら走ればウェルカム。(絶対的な情報源があるわけではないですが、おそらく日本でダメになった車を輸入してる人がいるんじゃなかろうか。)

 

 

 

 

 

今回はそんな乗合バスの話。

 

 

 

 

 

 

乗合バスは、エジプト庶民の味方です。メトロはカイロ中心部こそ発達しているものの、そのメトロから外れるときや、ちょっと辺鄙なところにいきたいときは、この爆走乗合バスが非常に便利。

 

 

 

 

 

 

7ー8人乗りぐらいのバンに人間を詰込み、割り勘でぶっ飛ばします。以下基本情報。

 

 

 

 

・行先は決まっている。その過程で降りたいところに降ろしてくれる

 

 

 

・相場は20円~高くて30円でめっちゃ遠くまでいける

 

 

 

・お客から割り勘でお金を集め、1台当たりいくらで走る、と決まっている

 

 

 

・上記の理由で、満員になるまで発車しない(赤字になるから)

 

 

 

エアコンは効かないことが多い(男だけだときつい)

 

 

 

スピードメーターは回らないことが多い

 

たまに10人ぐらい詰め込んでドアから半身乗り出しになる

 

 

 

ドアが閉まらないことが多い(怖い)

 

 

 

・ドライバーが驚異的な運転テクを発揮する(なかなかの神業)

 

 

 

・けどたまにぶつかる(本当に怖い)

 

 

 

・走ってる途中のくせに運賃を集め始めて事故りかける

 

 

 

 

 

 

など、まぁ癖の強いバスなのです(もう慣れたのであっさり行きます)。これを乗りこなして好きなところに行けるようになったら、エジプトでの生活には何ら困りません。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、僕も各地に足を運ぶ際にはこの乗り合いバスを使うことが多く(金がない僕にタクシーという選択肢はない。金持ち留学生に中指を立てながら乗合バスに今日も身を投じる)やっと最近慣れてきました。

 

 

 

 

 

さて、この前、シティスターズに行った時の事。

 

 

 

 

 

 

この乗り合いバス、バス停における30分ほどの待ちは普通。車の中で何をするでもなく、ただバスが満員になるのを待ちます。

 

 

 

 

 

 

ぼーっ

 

 

 

 

 

 

 

 

次第に増えてくる人。ただこの日はちょっと違いました。30分過ぎても、なぜか人が集まらない。次第にドライバーもイライラしてきて、責任者にこの人数で車を発進させていいか確認を取りに行きました。

 

 

 

 

 

 

確認を取りに行くのももっともです。

 

 

 

 

運賃を一人5ポンドと仮定しましょう。

 

 

 

10人乗せて走れば50ポンドとれるところを、4人だと20ポンド。ガソリンが昨今値上がりしたことも考慮すると、4人で走らせればこれは大赤字です。

 

 

 

責任者と話をつけて帰ってきたドライバー。やっと出発か。。。

 

 

 

 

 

ドライバー「おい、日本人」

 

 

 

わい「何?」

 

 

 

ドライバー「お前早く行きたいだろ?」

 

 

 

わい「うん、そりゃね。30分待ったし」

 

 

 

ドライバー「お前が早く行きたいなら、残り5人分払ったらすぐに車出してやる」

 

 

 

 

 

は?????????????

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと待て。つまり、外国人でノーを言いそうにない俺に、君たちの赤字を負担しろというか。え?なめてんのか。絶対に5ポンドしか払わんぞオヤジ。

 

 

 

 

 

 

わい「みんな待ってるんやからみんなで割り勘したらよかろーもん」

 

 

 

 

ドライバー「いや、こいつらはいつものことやから慣れてる。お前は今イライラしてる。だから急いでやる。

 

 

 

 

いや急いでんのお前じゃん。

 

 

 

絶対バス早く出して回転上げたいだけじゃん。

 

 

 

 

 

 

こうなったが最後。僕もエジプト8か月の意地で粘ります。

 

 

 

 

 

 

わい「俺は夜10時まででも待ったるわドアホ」

 

 

 

 

ドライバー「いや、でももう30分も待ったじゃん。俺次のバス出したいし。」

 

 

(理が通っているようで全く通ってない。それはお前の都合だ)

 

 

 

 

 

 

 

結局、戦いながら待つことおよそ1時間。

 

 

 

 

 

なんとかバスは満員になり、出発しました。

 

 

 

 

 

ふぅ。。。。謎の達成感。。。。

 

 

 

 

 

 

このやり取り、もう何回目ってぐらいの話なんですが、いつもやった後に思うんです。

 

 

 

 

 

 

 

仮に僕がバス全額出しても50ポンド(≒300円)。1時間待つことを考えたら、時給換算でどう考えても金を出して早く出発させた方が得なんです。1時間を300円で買えるわけなので。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、乗り合いバスに何十ポンドも出すなんざ、感覚的に許せない(日本からきてすぐならまぁいっかと思ったことだろう)。

 

 

 

 

 

「ほかの人は5ポンドしか出さず、外国人である僕だけが残りの空席分を負担する」この理を通されるのが悔しいのもあって、毎回戦ってしまいます。変なところがエジプト人になってきてるなぁと実感。

 

(エジプトにおいては、その論が客観的に正しいかは関係ない。雰囲気がなんとなく合理的で筋が通っていればそれでよいのである)

 

 

 

 

 

言ったもん勝ちの風潮があるエジプトで強く生きること

 

これは自分を鍛えているようで、日本に帰ってからの自分を苦しめているようでもあります。不思議な感覚です。

 

 

 

 

 

 

ただですら自己中だったのに磨きがかかっていないか心配です。。。みんな日本に帰ったらエジプト人っぽくなった花崎と一緒に遊んでね。。。。

 

 

 

 

 

 

 

そろそろ日本人の血も注入し直したいと思う今日この頃。エジプト人の言う日本人の印象に合わせてみようかしら。

 

 

 

 

乗り合いバスの話 ~終~

 

 

 

※写真はこのバスで向かったシティスターズです。日本のモールとなんも変わらん。

 

f:id:riku_drummer:20180824215451j:image